FAQ の記事一覧

Q. 真空ガラススペーシアに交換したのにアルミサッシの結露が止まりません。

 真空ガラススペーシアの交換、入れ替えは今ご使用中のサッシをそのまま使用します。真空ガラススペーシアは、その優れた断熱性により、ガラス表面を通じての熱の出入りを抑え、ひいてはガラス付近の冷え冷え感を和らげると同時に、ガラス表面に発生する結露を抑えます。ただし、上述の通りサッシは元のままですから、サッシの桟に付く結露は従前と変わらないのです。(厳密に言えば若干は減るのですが・・・・・)

ただガラス面の結露が抑えられたという事は、窓全体で考えれば、結露の絶対量が減ったと言うことも出来ます。理想を言えば、サッシも断熱性の高いアルミと樹脂の複合型サッシなどを使用するほうがベターです。

真空ガラススペーシア、二重内窓であるインプラスやプラマードUの改修工事は、住宅版エコポイントの対象となりますので、奮ってご活用下さい。
カテゴリー: 真空ガラススペーシアについて. 記事のURL.

Q. 防犯ガラスの中間膜、中間フィルムとはどの様なものですか?


 防犯合わせガラスは、2枚のガラスの間に特殊な透明のポリビニルブチラール(PVB)膜をはさみ込んだものです。通常の合せガラスに比べ、このPVB膜が大変厚く出来ているため、耐貫通性にすぐれ、簡単には穴をあける事が出来ません。

防犯性にすぐれているのはもちろん、万一強い衝撃を受けてガラスが破損しても、特殊PVB膜とガラスが強く接着しているため、ガラスの破片が飛散、脱落しにくくなっています。

また、防犯合わせガラスセキュオの中間膜は、窓辺の家具やカーテンなどの色あせや変色の大きな原因のひとつといわれている、ガラス面に侵入してくる紫外線の99%以上をカットする優れた効果も併せ持っています。
カテゴリー: 防犯ガラスセキュオについて. 記事のURL.

Q. 真空ガラススペーシアでコールドドラフトは防げる?

 冬期の特に夜間では、室外の冷たい空気に冷やされて、窓ガラスの室内側表面が冷たくなります。このため、窓ガラス付近の室内空気も冷やされて、人体の局所的な冷却を引き起こす下降気流が生じます。このような気流をコールドドラフトといいます。

コールドドラフトによる不快感は、気温が低いほど、気流が大きいほど増大するので、室内の温熱環境を快適なものにするには、窓付近の気温を下げず、また下降気流の発生を抑えることが重要です。断熱性能の高い真空ガラススペーシアや複層ペアガラスなどの断熱性の高いガラスは、コールドドラフトを防ぐ上でも、大変有効です。

真空ガラススペーシア、二重内窓であるインプラスやプラマードUの改修工事は、住宅版エコポイントの対象となりますので、奮ってご活用下さい。
カテゴリー: 真空ガラススペーシアについて. 記事のURL.

Q. 複層ペアガラス、真空ガラススペーシアなどの熱貫流率とは何ですか?


 壁や窓ガラスなどの各部位で、両側の気温が異なる時に、温かい側から冷たい側へ熱が壁や窓などを通過します。こういった外壁や天井、窓など建築物壁面の熱の伝わりやすさを数値として表したものが熱貫流率で、K値とも呼ばれています。

具体的には壁の両側の空気温度に1度の差があるときに、1時間あたりに壁1平方メートルを通過する熱量をワットで表しています。この数値が小さいほど熱を伝えにくく、断熱性が高いことになります。

真空ガラススペーシア、二重内窓であるインプラスやプラマードUの改修工事は、住宅版エコポイントの対象となりますので、奮ってご活用下さい。
カテゴリー: 複層(ペア)ガラスについて. 記事のURL.

Q. リクシルのインプラスと、YKKのプラマードUの違いは?


リクシルのインプラスと、YKKのプラマードUを比較した場合、ともに断熱性能や対結露性能はもちろん、防音性能、その他質感、見た目などいずれも全くの同等となっております。数値データを見れば多少の差はありますが、実際の体感上ではさしたる違い・差はございません。私共の目から見まして、どちらかをお勧めするという特筆すべき大きな違いは無いと考えております。

しいて申し上げるならば、樹脂の色味は両社で違いますが、お色に関してはお客様のお好みしだいですので、両社のウェブサイトやカタログでご覧になったり、あるいはショールームに足を運んで頂いてご確認下さい。
カテゴリー: 防音二重窓インプラスについて. 記事のURL.