FAQ の記事一覧

Q. 防犯ガラスと窓シャッターではどちらが防犯効果が高いですか?


一般論としては、防犯ガラスのほうが室内に侵入する手間、時間は掛かります。窓シャッターは防犯ガラスに比べれば、こじ開けるのに防犯ガラスほどの時間は掛かりません。(もっともかなり大きな音が出ますが・・・・・)

それぞれに一長一短があり、一概には言えませんが、窓シャッターはいちいち開けなければならない、暗くなる、風が通らないといったデメリットがあります。一方、防犯ガラスでは絶対に割れないわけではない、侵入盗に防犯ガラスと判らずに手を掛けられる恐れがあるといったデメリットがあります。
コスト、ご予算なども考慮に入れながら、防犯ガラス、窓シャッター、あるいは面格子なども含め、使い分けるのが良いのではないでしょうか。
カテゴリー: 防犯ガラスセキュオについて. 記事のURL.

Q. 複層ペアガラスの特殊金属膜とは、どのような膜ですか?


 酸化亜鉛と銀をコーティングしたものです。この特殊金属膜により、夏は板ガラスへ入射した日射エネルギーを室外に反射させ、冬は暖房熱を室内側に反射させます。このはたらきが、夏涼しく、冬暖かい快適な環境をつくります。なお、熱は反射させますが、太陽の光は十分室内に取り入れますので、屋内の観葉植物の育成などに影響はありません。

真空ガラススペーシア、二重内窓であるインプラスやプラマードUの改修工事は、住宅版エコポイントの対象となりますので、奮ってご活用下さい。
カテゴリー: 複層(ペア)ガラスについて. 記事のURL.

Q. 防犯ガラスだけで窓の防犯は万全ですか?


窓の防犯に「万全」はありません。より防犯性能を高めるためには防犯合わせガラスセキュオ、セキュレだけではなく、補助錠の追加やセキュリティシステムの採用など総合的な対策をおすすめいたします。
カテゴリー: 防犯ガラスセキュオについて. 記事のURL.

Q. 内窓にはめるペアガラスの断熱タイプと遮熱タイプの違いは?


 インプラスやプラマードUなどの二重内窓にはめるペアガラスとして、特殊な金属膜をコーティングしたLowE(ロウイー)というタイプがあります。この金属膜の働きによって熱を遮断し、窓を通して室内外に熱が出入りするのを防いでいるのです。

このLowEタイプのペアガラスは、さらに断熱タイプと遮熱タイプに分けられますが、噛み砕いていえば断熱タイプは冬場向き、遮熱タイプは夏場向きという位置付けです。断熱タイプは日射しを室内に採り入れながら、室内の暖房熱を外に逃がさない働きがあります。一方、遮熱タイプは夏の日差しをカットしながら、エアコンの冷気を外に逃がさないといった働きがあります。
カテゴリー: 防音二重窓インプラスについて. 記事のURL.

Q. 真空ガラススペーシアの表面はコーティングされてると聞きましたが?


 真空ガラススペーシアの表面には膜がコーティングされていると聞いたが、普通に拭き掃除しても大丈夫か?キズは付かないのか?といったお問い合わせを時々頂きます。確かにスペーシアには熱を通さない為の特殊な金属膜がコーティングされた、LowE(ロウイー)というガラスが使用されています。

スペーシアは2枚のガラスの間に真空層を挟み込んだ構造をしていますが、断熱のためのコーティング膜は2枚のガラスに挟まれた内側の面に向いており、むき出しになっている外側に向いているわけではありませんので、普通に拭き掃除して頂いて大丈夫です。

真空ガラススペーシア、二重内窓であるインプラスやプラマードUの改修工事は、住宅版エコポイントの対象となりますので、奮ってご活用下さい。
カテゴリー: 真空ガラススペーシアについて. 記事のURL.