エクステリアについて の記事一覧

ひさしで日ざしをカット

省エネ・節電にも効果大です!

夏場のエアコン、昼間のつけ過ぎを防ぐ決め手は日差しのカットです。日差しはブラインドなどで部屋の内側でカットするよりも、外側でカットするほうがより効果的です。室内側で日差しをカットしようとすると、ブラインド自体の表面温度が上昇してその熱が室内にこもってしまうからです。日差しの遮蔽物が外側にあれば、室内の温度上昇を抑えることが出来ます。
窓の外に付ける目隠し可動ルーバーや、可動オーニング、スクリーンタイプのシェードといった外付け、後付けタイプの日除け製品以外に、窓のうえに取付ける「ひさし」も省エネ効果は高いです。古来の家に見られたように大きく軒が取れれば良いのですが、現代の住宅事情ではなかなかそのようなスペースがありません。出幅の小さなひさしでも、充分に日差しを遮りますので、窓からの室温上昇が抑えることができます。

トステムスリムアートひさし
カテゴリー: エクステリアについて. 記事のURL.

ブロックの使い分けでコストダウン

見えないところにはコンクリートブロック

隣地との境界工事は、外溝工事の中でも比較的コストの掛かる部分ですから、なるべく無駄なコストは省きたいものです。境界にはアルミや鋳物のフェンスを立てるのが定石ですが、そのフェンスを立てるために必要となるブロック塀にもコストダウンのポイントがあります。
ブロック塀にはコストは安めだけれど見栄えのしない普通のコンクリートブロックと、少しコストアップにはなるけれども見栄えの良い化粧ブロックとが有ります。前面道路に面したヵ所や、玄関正面などの人目につくところには化粧ブロック、隣地境界や建物の裏側など目立たないところにはコンクリートブロックという様に、使い分けをすると経済的です。

カテゴリー: エクステリアについて. 記事のURL.

ポリカボネート屋根材の選び方

屋根下の暑さと明るさがカギです

カーポート、テラス屋根、バルコニー屋根、サンルームなど、エクステリアの分野に屋根は付き物です。呼び名は少しづつ違いますが、各エクステリアメーカーとも、ポリカボネート屋根材の種類として、通常のポリカボネートと熱線吸収ポリカボネートの2種類をラインナップしています。ポリカボネートとは、その強度はガラスの200倍とも言われる、表面への衝撃に大変強い特殊プラスチック材の事です。
以前、象が踏んでも壊れないというキャッチコピーの筆箱がありましたが、あの筆箱に使用されていた素材がポリカボネートです。
通常のポリカでは、光はほとんど素通りしますので屋根の下はとても明るいのですが、熱の元となる近赤外線もほとんど素通りなので、屋根の下にいても直射日光を浴びている状態とほとんど変わりません。例えばカーポート下の車中温度にしても、炎天直下とほとんど変わらないということです。
一方、熱線吸ポリカは、近赤外線を50%もカットしてくれる代わりに、光も80%もカット「してしまい」ますので、真夏でも熱線吸収ポリカ屋根の下では涼しく感じます。その代償として、やはり屋根の下は暗くなってしまいます。
これらの特長をよく考慮しながら、屋根材の選定をしましょう。特にリビングルームなど、光を採り込みたいお部屋がこれら屋根の近くにある場合には注意が必要です。屋根下の暑さと明るさを秤にかけて、充分にご検討下さい。

カテゴリー: エクステリアについて. 記事のURL.

門扉の開く向きについて

門扉は内開き?外開き?

原則として開き門扉の開く向きは、内開きと決まっています。これはなぜでしょうか?住まいの立地、塀の設置状況などの諸条件にもよりますが、一般的に門扉は道路との境に付けられるものであり、そのすぐ外側は道路という事が多いです。そこへ外開きの門扉を付ければ、外を往来する人や車との接触も考えられ、大変危険です。このような理由によって、門扉は内開きと決まっているのです。
ただ、内開きにすると玄関ドアと干渉してしまったり、建物(自邸)の間に余裕が無さすぎたりといった、別の問題が発生する事も考えられます。もし外側に余裕があって、外開きにしても大丈夫という場合には、門扉を外開きにする部品もあります。
また、このような設置スペースの問題がある場合には、なんでもかんでも開き門扉という発想ではなく、スペースを有効活用できる引戸門扉、アコーディオン門扉もご検討なさってみてはいかがでしょうか。

カテゴリー: エクステリアについて. 記事のURL.

エコなエクステリア

日射しを遮るエクステリア

エコロジー、省エネ、温暖化などなど、地球環境の今後を占うキーワードが紙面に並ぶ昨今ですが、家造りにもこれらの考え方は少なからず影響を及ぼしています。室外に設置されるエクステリアも例外ではありません。一見、あまり関連の無さそうなエクステリアとエコですが、太陽からの熱をいかに建物に当らないようにするか、室内に入れないようにするかといった日照調整の考え方がポイントとなります。
格子状のスクリーンで日射しを遮ったり、可動オーニングを張り出して窓から直接室内に入ってくる紫外線を防いだりすることが、エコ・省エネの考え方に繋がっていきます。

コートライン

細かくスリット状に並んだ格子が日射しを遮り、建物への熱の影響を抑えます。

彩鳥

ファブリック生地が紫外線をカットして日陰を作ります。室内への太陽光の侵入を防ぐことが、室内温度を低く抑えるポイントです。

カテゴリー: エクステリアについて. 記事のURL.