サッシ・ドア交換 > およその価格表 施工の流れ 施工事例 サイズの測り方

マンションの玄関ドアをカバー工法ではなく本体だけ交換した事例
総費用¥190,000  東京都新宿区Kパレス様


■■使用製品■■
リクシル マンションスチールドア RSシリーズ


Kパレス様玄関スチールドア交換前
施工前

Kパレス様玄関スチールドア交換後
施工後


東京都新宿区のマンション、Kパレス様では、大きく三角形に穴があいた玄関スチールドアを交換させて頂きました。事情は聞いておりましたが、はじめドアを見た時はギョッとしました。今回のドアにあけられた穴は泥棒や空き巣の仕業というわけではなく、ボヤ騒ぎで消防隊が室内に突入するために、止む無く電動カッターで切りあけた穴だったのです。それにしても室内は煤で真っ黒、まだ周辺には焼け焦げたニオイも漂っているすごい状況です。

玄関ドア自体は修理修復は不可能ですので、もう交換するしかありません。建物側についているドア枠が熱で曲がってしまってたり、煤で焼け焦げてしまってたりすれば、カバー工法で古いドア枠を隠すように枠ごと交換も有り得ましたが、幸いドア枠は問題なく使用出来そうだったので、ドア本体だけを交換することとなりました。ドア本体だけといっても、蝶番、ドアクローザー、把手などの部品も交換します。

ドア本体だけを取り替える場合には、ドア枠にちょうどよく納まる厚みのドアを選定しなければなりません。ドア枠の奥行きに対して、ドアの厚みが薄かったり厚かったりしては、錠が掛かりにくい、ガタ付くなどの恐れがあり、あまりよろしくありません。カバー工法よりも費用を抑えられますし、カバー工法のように開口幅が狭くなりませんので、厚みがピッタリのドアを選定できるようであればドア本体交換案はお勧めです。ただ、メーカーや年代によってドアのデザイン、厚みも色々ありますので、ドア本体だけの交換が難しい場合も少なからずあります。