真空ガラススペーシア > スペーシアの種類 価格表 施工の流れ 施工事例 サイズの測り方

窓硝子の結露のせいで木枠、壁紙、カーテンがカビてしまいました
東京都世田谷区KS様邸



■■使用製品■■
日本板硝子 真空ガラススペーシア


KS様真空ガラススペーシア施工前1

KS様真空ガラススペーシア施工前2

東京都世田谷区のKS様邸では、サッシ・ガラスに発生する大量の結露でお悩みの窓2ヵ所を、真空ガラススペーシアに交換施工させて頂きました。前の2枚の画像は真空ガラススペーシア交換前の画像です。もともと断熱性のある透明の複層ガラスが入っていましたが、それでも結露の量がひどく、まるで曇りガラスのように真っ白に結露の水滴がサッシとガラス表面を覆っています。滴り落ちた結露水で、サッシ周りの木枠、壁クロス、レースカーテン等々まっ黒にカビてしまっていました。ここまで黒カビが出てしまうと、お施主様の健康にも影響が及んでしまいます。

真空ガラススペーシアに入れ替えれば、ガラス自体に着く結露はほとんど無くなります。サッシは同じ物を使用しますので、サッシに付く結露の量はさほど変わりません。それでも全体的に見れば、結露の量は激減と言っても良いくらいに減ってきます。

真空ガラススペーシア交換は各自治体の省エネリフォーム助成金・補助金支給対象となっています。東京都でも「既存住宅における高断熱窓導入促進事業」という名称で、窓を高断熱窓に改修するリフォームに対し、その経費の一部を助成する制度が実施されています。助成対象経費の6分の1が補助されますので、窓、ガラス、サッシなど開口部の断熱リフォームをお考えのかたは、これらの補助金制度をぜひご活用下さい。

KS様真空ガラススペーシア施工後



カテゴリー: 高機能ガラス
にほんブログ村 住まいブログへ