雨戸・窓シャッター > およその価格表 施工の流れ 施工事例 サイズの測り方

横浜市内の住宅地で空き巣・泥棒対策として後付け窓シャッター工事
神奈川県横浜市AM様邸


■■使用製品■■
文化シャッター マドマスター手動

※ワントップではYKK、リクシルの製品も同様に取り扱っております。

AM様邸文化シャッターマドマスター手動施工前
施工前

AM様邸文化シャッターマドマスター手動施工後
施工後


横浜市の高級住宅地に建つAM様邸は木造の大きな戸建物件です。通りから少し見えにくい位置の掃出し窓が何ヵ所かあり、以前から防犯対策を施したいとお考えでしたが、窓の周りに白い木製の飾りが段差状についていて、窓シャッターが付けられないのではないかと、思い込んでいらっしゃったそうです。もちろん段差の状況にもよりますが、たいがいの場合は、段差を解消するような下地を取付けることで平滑な面を作って、窓シャッターの枠は取り付ける事が出来ます。

今回のAM様邸の窓も、外壁と飾りの段差は約15ミリほどありましたが、同じ木製素材の下地材を取付けてからの工事となります。内側から施錠される窓シャッターは、外側にはカギ穴等がないため、いたずらもされにくく、窓の防犯性能が高まります。ガチャン!とカギがかかってしまえば、そうそう容易には侵入を許しません。