交通のバリアフリー、情報のバリアフリーなど、様々な分野でのバリアフリーがあるが、建築分野においては高齢者、障害者、子ども、妊婦などが建築物を利用するときに、支障となる障壁(バリア)を取除いて、利用しやすくするという考え方をいう。
具体例としては玄関ドア、浴室ドアなどの出入り口の段差を無くしたり、車いすが通れる巾にしておく、階段やトイレや浴室には転倒防止の手摺りを付けておく、高齢者などの寝室と便所は同一階に配置する、などが挙げられる。