施工事例 の記事一覧

不二サッシのプリーツ網戸がグチャっ!と壊れたのでセイキの網戸に交換(江東区S様邸)

網が破損した不二サッシプリーツ網戸

網が破損した不二サッシプリーツ網戸

セイキのアルマーデフリーに交換しました

セイキのアルマーデフリーに交換しました

夏になると毎年数多くの網戸交換のご相談を頂きます。特に去年から今年にかけては、コロナ禍の影響があって、とにかく「換気」がキーワードになってきたので、網が破けたり、穴があいたり、糸が切れたりと、これまで放っぽらかしになっていた網戸を直そうというお客様が増えているようです。

不二サッシがかつて販売していたプリーツ網戸という蛇腹式(折り畳み式、アコーディオン式とも呼ばれたりします)の網戸は、現在ではもう販売されていなくて、同じ商品では修理、交換、取替が出来なくなっています。不二サッシのプリーツ網戸が壊れたのでなんとかしたいという方が多いのですが、こうなりますともう同等品の他社製品で代替えするしか方法がありません。

私共ではセイキというメーカーの網戸をお勧めしております。セイキはプリーツ系網戸やロール系網戸など網戸に特化したリーディングカンパニーで、リクシルやYKKといったサッシメーカーに比べれば、その知名度はあまり高くありませんが、製品の信頼性は高いです。

不二サッシのプリーツ網戸は、多くの場合今回添付した画像のようにサッシと網戸枠が一体となっていて、サッシ際に溝が付いててその溝内を網戸が走る恰好になっている事が多いですが、これらは不二サッシ独特の機構です。

セイキなど他社製品の網戸に置き換える場合は、この溝部には網戸枠をハメ込み出来ませんので、4~5センチほど室内寄りにずらした位置に新しい網戸枠を取付けます。添付の画像をよくご覧頂きますと、施工前の画像よりも施工後の画像のほうが網戸が走る位置が少しだけ室内寄りにずれて、白い木枠付近に付けられている様子がお判り頂けるかと思います。

また、不二サッシのプリーツ網戸の多くは、網の左右が固定されておらず、左右に自由に動かせるようになっていますが、これも不二サッシ独特の形式で、窓を開けた分だけ網で塞げるようになっているのですが、セイキのアコーディオン型の網戸は、窓が全開した状態であっても、例えばほんの10センチだけあいてる状態であったとしても、窓全体(硝子戸2枚分)を網で覆う様な恰好となります。

ただ、セイキのアルマーデフリーもとてもよく出来た商品です。不二サッシと同様にプリーツネットを採用したこの網戸は、バリアフリー設計の下レールは3ミリ高ととても薄くなっていて、掃除も楽ですし、もちろん踏ん付けても痛くありません。プリーツネットはたたんで収納されますので、窓が閉まっている時には網が目に入らず、見た目にも邪魔になりません。

セイキのアルマーデフリーは、網本体を脱着出来るようになっていて、これは不二サッシプリーツ網戸にはない特長です。縦枠にあるラッチを解除することで簡単に網戸本体部分を取り外すことができるようになったので、シーズンオフに仕舞っておくことも可能ですし、将来的に網が破れて交換となった場合でも、総交換ではなく網戸本体部分(網と縦桟)だけを交換することが出来ます。

カテゴリー: 施工事例, 網戸 and tagged , . 記事のURL.

世田谷区内でカバー工法によりアルミサッシをリフォームしました。ガラスもシングルからLowE複層ペアに交換して遮熱、断熱性能もアップしました。

世田谷区N様邸サッシカバー工法交換前

元々使用中だったシングルガラス入りの旧型サッシ

N様邸アルミサッシカバー工法交換前
世田谷区N様邸サッシカバー工法交換後

カバー工法で交換リフォーム後のペアガラス入りサッシ

N様邸アルミサッシカバー工法交換後
世田谷区にお住まいのN様邸では、築30年ほど経った建物内のアルミサッシをほぼ全ヵ所交換させて頂きました。

元々付いていたサッシはだいぶ旧式のタイプで、ガラスもシングル(単板)が入っており、気密ゴムもかなりの劣化が見られたため、ガラス面から冷気や熱気が感じられるだけでなく、すき間風も容赦なく室内に入り込んでいる状況でした。お住まい全体の冷暖房効率を考えると、窓の気密性や断熱性はとても重要です。

今回のサッシリフォームでは、サッシそのものが新しくなるだけでなく、ガラスも高性能のLowE複層ペアガラスに交換しました。LowE複層ガラスはその表面の金属膜コーティングによって、ギラギラと窓を照り付ける太陽の日射熱をなんと50%以上も遮りますので、冬は室内の暖かい空気を外に逃がさず、夏は室内の温度を涼しく保ちます。UVカットの機能も併せ持っているので、家財、カーテン、じゅうたん、家具などの色褪せ、焼けを防ぐ効果もあります。

サッシのリフォームは費用をかけるだけの事はあると思います。上述のように断熱、遮熱性がアップして窓周りに発生する結露を軽減するのと同時に、防音性や防犯性も向上しますし、なにより古くなって動きが重たくなったサッシが、軽々とシャー!っと動くようになるのは、本当に気持ちが良いものです。

また、真空ガラススペーシアやLowE複層ガラスなどを使ったサッシのリフォームは、一定の条件を満たせば国や自治体から補助金が支給されます。補助率はそれぞれの助成金制度で違いますが、工事経費の6分の1だったり、3分の1以内だったりと、決して少なくない額が支給されますので、窓の断熱リフォームをご検討のかたは、「断熱 窓 助成金」などのキーワードで一度お調頂ければと思います。

カテゴリー: サッシ・ドアの交換, 施工事例 and tagged , , , , . 記事のURL.

部屋の中が暑い!特にガラスの前が暑い!真空ガラススペーシアクールに交換して遮熱

渋谷区KK様邸真空ガラススペーシアクール施工後

今年の夏の暑さはちょっと異常でしたね。東京でも毎日のように35度超えが続いていて、32度とか33度が少し涼しいと感じるくらいです。リフォームの仕事をしておりますと、建物の中でどこが暑いとか、どこが冷んやりしているかといった事がよく分かります。エアコンの冷気が届かない、階段室や中廊下などは暑い空間の代表です。

東京都渋谷区の木造物件KK様邸では、階段室の腰窓がちょうど一日中太陽と向き合う位置に付いていて、とにかく階段室とそれに続く2階の洋室が暑くて暑くてたまらない、という事でこの窓の断熱遮熱対策を実施させて頂くこととなりました。

真空ガラススペーシアクールのラベル

弊社でご提案させて頂いた遮熱対策方法は、熱が一番出入りしているガラス面を遮熱すること。既存のガラスに手をかざすと、それこそ触れないくらいにチンチンにガラスが熱くなっています。大袈裟ではなく、もう窓辺でストーブを焚いているようなものですね。

窓ガラスの遮熱性能では、真空ガラス「スペーシア」に勝るガラスはなく、中でも真空ガラススペーシアクールの日射をカットする性能は、他のガラスの追従を許しません。窓から侵入してくる夏場の熱い日差しは、エアコンのききを悪くします。外部からの日射熱を完璧に遮断する真空ガラススペーシアクールなら、面積の大きい窓があって日射しが差し込むお部屋でも冷房効果を高め、涼しく快適な環境をつくります。

カテゴリー: 施工事例, 高機能ガラス and tagged , , , , , , . 記事のURL.

窓ガラス・サッシの台風への備えはシャッターや雨戸だけではありません。強化ガラス入りの内窓設置という選択肢もあり。

リフォーム前
TG様邸内窓インプラス強化ガラスアフター

リフォーム後
ここ2ヵ月くらいの間、窓に取付けるシャッター、雨戸に関するお問い合わせが急に増えてきています。

皆様、去年、一昨年の台風で感じた怖い記憶が脳裏に残っているのですね。きたる台風シーズンに備えて、飛来物から窓ガラスを守るために、シャッターなどの遮蔽物を設置したいと考えるお客様が多いです。

1階に設置されている窓、2階でもベランダに面した窓は、比較的容易にシャッター、雨戸などを取付けることが出来ますが、2階の腰高窓など、ベランダに面していない窓にシャッターなどを取付ける場合は、足場が必要となりますので、その分の費用が余計に掛かることとなります。中には足場無しでハシゴを壁に架けるだけでシャッターを取付けてしまったり、室内側から施工してしまう業者さんも居るようですが、サッシに対してきちんと水平垂直にシャッターが取付けられるのか、雨漏りなどがしないように、しっかりとシャッター枠まわり、ネジ穴などにシーリング処置が出来るのかといった、施工の精度の面で疑問が残りますし、作業員の安全面においても問題があると思います。

こうした理由から、弊社では2階の腰高窓にシャッターなどを取付ける場合には、コストが掛かるとしても、やはり足場を架設させて頂くようにお施主様にお願いをしています。ただ、足場の費用うんぬん以前に、敷地が狭かったり、お隣りさんとの関係など、色々な理由で足場を架けられない、架けにくいという現場もあったりします。このような場合には、リクシルのインプラス、YKKのプラ
マードUといった、いわゆる内窓に強化ガラスを入れて室内側に取付けるリフォームをご提案させて頂く事があります。内窓設置案ですと、工事は室内側だけで完結しますので、当然足場を架けずに済みます。

強化ガラスは通常の板ガラスに比べ、表面強度・耐風圧強度が4倍もあるとても頑丈なガラスです。内窓にこの強化ガラスを入れて設置する場合、万一台風の時に飛来物が窓にぶつかっても、外側の既存窓ガラスは壊れてしまう可能性がありますが、が飛来物の、あるいは壊れてしまった外の窓ガラスが部屋内に飛散することを、室内側の強化ガラスが食い止めてくれます。その上、断熱性や防音性はシャッターや雨戸よりも、内窓のほうが数段優れていますので、従前より夏はエアコンがよく効いて涼しく、逆に冬は暖かなお部屋となりますし、外の騒音もシャットアウトしてくれます。

なによりコスト面も内窓のほうがお安く、腰高窓サイズにシャッターを取付ける場合は、製品代・工事費・運搬費など込み込みでだいたい12万円くらいが相場ですが、内窓+強化ガラスの場合には、10万円を切るぐらいの費用で設置が可能です。

カテゴリー: 断熱内窓インプラス, 施工事例, 雨戸・窓シャッター and tagged , , , , . 記事のURL.

台風で飛んで来る物への備え、安全対策として窓ガラスを守る電動シャッターを取付けました (世田谷区T様邸)

世田谷区T邸台風対策電動窓シャッター施工前

リフォーム前
T様邸電動シャッター施工後

リフォーム後
世田谷区のT様邸では、台風の備え、窓の安全対策として2ヵ所の掃き出し窓に電動シャッターを取付施工を実施致しました。2019年の台風15号の記憶は新しいところですが、今年も台風の時期が近づくにつれ、お客様から窓シャッター施工に関するお問い合わせが増えてきました。

とにかく皆様が一様におっしゃるのは、あまりに暴風、轟音がすごくて、窓ガラスが割れて飛んでいってしまうのではないか、何か飛んできて窓を突き破ってしまうのではないか、という恐怖が大きかったということでした。実際には風の力だけで窓ガラスが割れる心配はほとんどないと言っても良いのですが、多くのガラスが割れる原因は風による飛来物がぶつかるためです。実際に昨年の台風でも、木の枝や、屋根葺き材、看板、ハンガーなど色々なタイプの飛来物で窓ガラス破損の被害が報告されています。

窓ガラスにダンボールやガムテープを貼る対策はよく紹介されていますが、これらはあくまで応急処置です。やはり窓にシャッターという鎧をかぶせて、飛来物への備えをすることは、台風に対してはもっとも有効な対策です。

今回シャッターの工事をお請けさせていただいたT様邸の窓には、元々雨戸が付いていた窓でしたが、そもそも木製だったために、雨戸板、レール、戸袋までだいぶ腐食が進んでおり、雨戸の開けたてが大変だったので、ほとんど雨戸は仕舞いっぱなしだったとのこと。そのために台風の時には窓がガタピシと音を立てて、いつも怖い思いをしてきたそうです。

だんだんとお年を召してきて、日常的に開閉が楽なものに取替えたいというご要望が以前からあったため、今回電動の窓シャッターにお取替えさせて頂くこととなりました。電動シャッターはリモコンのボタン一つで、開けたり閉めたりすることができ、毎日の開けたてが劇的に楽になります。

今回は文化シャッターの電動シャッター、マドマスタータップ、スタンダードタイプのタイマースイッチ付きをご提案させて頂きましたが、タイマースイッチはシャッターを指定時間に開閉できる「時間指定タイマー」と、お住まいの地域の日の出・日の入りに合わせて開閉できる「おひさまタイマー」機能を装備していて、この機能によって、生活のリズムを 整え、人が本来持つ、自然の目覚めと
休息や睡眠を促すという優れモノです。

カテゴリー: 施工事例, 雨戸・窓シャッター and tagged , , , , , . 記事のURL.