施工事例 の記事一覧

台風で飛んで来る物への備え、安全対策として窓ガラスを守る電動シャッターを取付けました (世田谷区T様邸)

世田谷区T邸台風対策電動窓シャッター施工前

リフォーム前
T様邸電動シャッター施工後

リフォーム後
世田谷区のT様邸では、台風の備え、窓の安全対策として2ヵ所の掃き出し窓に電動シャッターを取付施工を実施致しました。2019年の台風15号の記憶は新しいところですが、今年も台風の時期が近づくにつれ、お客様から窓シャッター施工に関するお問い合わせが増えてきました。

とにかく皆様が一様におっしゃるのは、あまりに暴風、轟音がすごくて、窓ガラスが割れて飛んでいってしまうのではないか、何か飛んできて窓を突き破ってしまうのではないか、という恐怖が大きかったということでした。実際には風の力だけで窓ガラスが割れる心配はほとんどないと言っても良いのですが、多くのガラスが割れる原因は風による飛来物がぶつかるためです。実際に昨年の台風でも、木の枝や、屋根葺き材、看板、ハンガーなど色々なタイプの飛来物で窓ガラス破損の被害が報告されています。

窓ガラスにダンボールやガムテープを貼る対策はよく紹介されていますが、これらはあくまで応急処置です。やはり窓にシャッターという鎧をかぶせて、飛来物への備えをすることは、台風に対してはもっとも有効な対策です。

今回シャッターの工事をお請けさせていただいたT様邸の窓には、元々雨戸が付いていた窓でしたが、そもそも木製だったために、雨戸板、レール、戸袋までだいぶ腐食が進んでおり、雨戸の開けたてが大変だったので、ほとんど雨戸は仕舞いっぱなしだったとのこと。そのために台風の時には窓がガタピシと音を立てて、いつも怖い思いをしてきたそうです。

だんだんとお年を召してきて、日常的に開閉が楽なものに取替えたいというご要望が以前からあったため、今回電動の窓シャッターにお取替えさせて頂くこととなりました。電動シャッターはリモコンのボタン一つで、開けたり閉めたりすることができ、毎日の開けたてが劇的に楽になります。

今回は文化シャッターの電動シャッター、マドマスタータップ、スタンダードタイプのタイマースイッチ付きをご提案させて頂きましたが、タイマースイッチはシャッターを指定時間に開閉できる「時間指定タイマー」と、お住まいの地域の日の出・日の入りに合わせて開閉できる「おひさまタイマー」機能を装備していて、この機能によって、生活のリズムを 整え、人が本来持つ、自然の目覚めと
休息や睡眠を促すという優れモノです。

カテゴリー: 施工事例, 雨戸・窓シャッター and tagged , , , , , . 記事のURL.

YKKの内窓プラマードUにLowE複層ガラスを入れて窓の結露、断熱対策施工(大田区T様邸)

大田区T様邸結露対策内窓プラマードU施工前

リフォーム前
大田区T様邸結露対策内窓プラマードU施工後

リフォーム後
東京都大田区のT様邸では、窓ガラスの結露がひどく、周りの木枠までビショビショに濡れてカビが生えてきてしまったので、YKKの内窓プラマードUに、断熱性の高いLowE複層(ペア)ガラスをはめ込んで施工させて頂きました。

採寸のために初回訪問した際には、木枠のみならず、アルミサッシの表面、ガラスのゴムにまで薄っすらとカビが付いているのが見て取れる状況でした。よくよくヒアリングしますと、暖房器具、加湿器を点けっぱなしにしているうえ、あまり換気のために窓を開けたりしないということでしたので、それが結露を大量に発生させる原因かと感じました。

暖房器具で暖められた室内の空気はただでさえ大量の水蒸気を含んでいます。その上加湿された空気は、外が寒ければ寒いほど、室内外の温度差によって窓ガラス面で一気に冷やされて、ガラスやアルミサッシの表面に結露となって現れます。この結露の発生を放置しておくと、室内のあちらこちら、とくに窓の周辺にカビがたちまち発生します。連鎖的にそのカビをえさとするダニまで発生して、カビ胞子・ダニによって引き起こされるぜんそくやアトピーといったシックハウス症候群の原因となります。

このような怖いシックハウス症候群を引き起こさないためにも、窓ガラスやサッシに発生する結露の予防は欠かせません。結露の防止にはとにかく窓ガラスの室内外の温度「差」を抑えることがポイントとなります。外気の冷たさが窓ガラスに伝わることがまずいのですね。

内窓の設置の意味は、窓が二重になることで、既存サッシと内窓の間に大きな体積の空気の層ができて、外の冷たい空気が遮断されて室内に伝わりにくくなる点にあります。インプラスやプラマードUなどの内窓にはめるガラスの断熱性能が高ければ高いほど、熱が遮断される率も大きくなって、結露も発生しにくくなるというわけです。業者の立場として、内窓にはめ込むガラスとして、より断熱性の
高いガラス、単板ガラスよりも複層ガラスを、ただの複層ガラスよりもLowE複層ガラスを、複層ガラスよりも真空ガラススペーシアをお勧めするのは、そういった理由によります。

窓を伝わる冷気を遮断することが重要な一方で、同時に室内の湿度をあげすぎないこともとても重要です。たとえ内窓を設置したとしても、いっさい換気をしないお部屋では、だんだんとガラスの表面が冷えていって結露しやすくなってしまいますが、一定時間に一度換気して室内の空気を入れ換えることによって、室内外の温度差を抑え、同時に室内に溜まった水蒸気を外に逃がしてあげることが結露の防止につながります。

カテゴリー: 断熱内窓インプラス, 施工事例 and tagged , , , , , . 記事のURL.

窓の結露・断熱対策と、防音対策としてYKKプラマードUに真空 ガラススペーシアを入れて設置しました。(横浜市IK様邸)

横浜市IK様邸YKKプラマードU施工前1

リフォーム前
横浜市IK様邸YKKプラマードU施工後1

リフォーム後
横浜市のIK様邸では、窓ガラスにつく結露対策と断熱対策として、真空ガラススペーシアをYKKプラマードUにはめ込んで、リビングと寝室の窓に設置させて頂きました。副次的な効果として、窓が二重化されることによって得られる防音効果にも期待があって、複層ガラスに比べてより防音性が高い真空ガラススペーシアをお選び頂きました。

とかく窓サッシの付近はひんやりと感じられるものです。建物の中で外部からの冷気が最もたくさん入ってくるのは、窓ガラスからと言われています。ガラス、サッシにつく結露の原因もそこにあります。結局のところ、窓から出入りする冬場の冷たい空気、夏場の熱気を遮断することが、結露対策、断熱対策としてはもっとも重要ということです。

窓ガラスと、そのすぐ横の壁のそれぞれに手をかざしてみると、はっきりと手のひらに伝わってくる「温度」の差が感じれらます。内窓を設置することによって、さすがに壁と同じとまでは言えませんが、窓部分の断熱性、防音性がほぼ壁に近いレベルにまでアップすること請け合いです。

お部屋の面積や建物の条件にもよりますが、内窓設置によって得られる年間を通しての節電効果、省エネ効果も大変大きいものがあります。一定条件下の比較として、冷房では約3分の1、暖房では約2分の1にまで節電出来るというデータがあります。そのうえ、石油ファンヒーターやガスヒーターなどの暖房器具が原因で、窓をびしょびしょに濡らしていた結露を劇的に軽減出来るのですから、段々とリフォーム費用の元が取れていくうえに、結露が解消されるという快適さも得られるので、内窓設置はとてもお得で理にかなった工法です。

横浜市IK様邸YKKプラマードU施工前2

リフォーム前
横浜市IK様邸YKKプラマードU施工後2

リフォーム後

 

 


YKKプラマードUにはめ込んだ真空ガラススペーシア

 

 

カテゴリー: 断熱内窓インプラス, 施工事例 and tagged , , , , , , . 記事のURL.

建物裏側の死角にある窓。防犯対策としてYKKの高強度面格子を 設置しました。CPマーク付きの最高強度クラスの面格子です。(東京都世田谷区Y様邸)

世田谷区Y様邸防犯高強度面格子設置前

リフォーム前
世田谷区Y様邸防犯高強度面格子設置後

リフォーム後
窓の防犯対策には防犯合わせガラス、防犯フィルム、面格子など色々な施工方法がありますが、今回世田谷区のY様邸ではお施主様からなるべく強度のある面格子を取付けたいとのご要望をいただき、YKKの高強度面格子FLAを設置させて頂きました。

高強度面格子FLAシリーズは、通常のよくある面格子とはます桟の太さが違います。幅2cm、奥行3cmの桟は、容易に曲げたり切断したりする事が出来ません。取付ブラケットもネジが隠れるようにカバーされていて、外に出ているネジはワンウェイねじといって、一般的なプラスドライバーでは外す方向(左周り)に回せないのです。

容易に回せないワンウェイねじ
今回使用したYKKの高強度面格子はCPマーク付きの商品です。CPマークとは、簡単にいえば、通常の商品よりも防犯性能の高い建物部品につけられる認定マークのことです。ここ最近、住宅や店舗、オフィスなどの建物に侵入するとても凶悪な強盗や窃盗が増えてきており、防犯性能の高い部品の開発や普及を目的として、平成14年11月25日に、警察庁、国土交通省、板硝子協会、日本サッ
シ協会、日本建築家協会、ベターリビングなどで構成される、官民連携の会議体がされました。CPマークはこの官民連携会議で公表する「防犯建物部品目録」に記載された商品にだけ貼り付けが許された、いわばお墨付きのマークなのです。

CPマーク
窓の防犯対策は、建物の正面側よりも、裏側を最重要視すべきです。今回のY様邸も建物正面の窓は道路に面しており、それなりに人の往来もあることから、防犯対策の優先度合いとしては、やはり正面よりも死角になっている裏側の窓に対策を施すことにしました。

窃盗犯は必ずといってよいほど、下見をしています。行き当たりばったりで、通りがかりの家に侵入することはまずありません。泥棒が狙う建物の条件として、人通りが少なくて人目につきにくい、逃げやすい、建物に死角があって表から見えにくい、面格子が付いていない窓がある、といった共通点があるようです。

従って、建物裏側の死角にある窓には面格子の設置が大変効果的です。とにかく、泥棒は時間が掛かること、人目につくことを嫌がる傾向がありますので、人目につきにくい裏側の窓には、侵入するのに5分から10分以上掛けさせるような対策を施しておくと、泥棒が犯行をあきらめる確率が上がるということです。

まずは泥棒の侵入手口、方法をしっかりと知って、それに応じた要所要所の防犯対策がとても大事ということですね。

カテゴリー: 施工事例, 網戸・面格子 and tagged , , , , . 記事のURL.

タワーマンションの片引きFIX窓にプリーツ網戸を新設。セイキのアコーディオン網戸・アルマーデフリー2を使用しました。 (さいたま市Y様邸)

さいたま市Y様邸プリーツ網戸施工前1

リフォーム前
さいたま市Y様プリーツ網戸施工後1

リフォーム後
タワーマンションには最初から網戸が無いケースが多いですが、高層階でも意外と虫は飛んでくるもの。特に運河沿い、川沿いに建つマンションではなおさらです。タワーマンションでは室内側に取付けるプリーツ網戸やロール網戸が人気です。

どちらも網が収納されるタイプの網戸ですので、通常の室外に取付けるスライド式の網戸と違って、タワーマンションならではの眺望がしっかりと確保されます。意外と網戸の目は室内側から見えてしまいますので、通常の室外網戸ですとせっかくの窓越しの眺望が台無しです。その点、未使用時には網を完全に収納できるプリーツ網戸やロール網戸は視界が遮られず、とてもスタイリッシュです。

デメリットとしては、網の掃除・メンテナンスがしにくい、交換時の費用がかさむ、といったことでしょうか。ただ、それらを補ってあまりある使い勝手の良さや、見た目のすっきり感といったメリットがプリーツ網戸にはあります。

今回、さいたま市のタワーマンションにお住まいのY様からは、リビングルームのベランダ面の掃き出し窓3ヵ所と、寝室の腰窓1ヵ所にアコーディオン式のプリーツ網戸を新設する工事のご依頼を頂きました。こちらのマンションもやはり当初から全部の窓に網戸が付いていない状況でした。

ベランダ面の掃き出し窓は、左右のガラス戸が動く引違窓ではなく、半分が動くガラス戸でもう半分が固定式ガラス(FIX)という形の、いわゆる片引きFIXという形状の窓でした。このような窓の場合には、中央のタテ柱部分に網戸枠を固定するための補助部材が必要です。アルミ材をL型に曲げて作った補助部材を最初に取付けて、そこに網戸の受け枠を取付けます。

窓4ヵ所分の網戸リフォームでだいたい半日程度の施工時間、費用は税抜きで¥174,000ほどの工事となりました。

さいたま市Y様プリーツ網戸施工前2

リフォーム前
さいたま市Y様プリーツ網戸施工後2

リフォーム後

カテゴリー: 施工事例, 網戸 and tagged , , , , . 記事のURL.