省エネについて の記事一覧

東京都がH29年度に省エネ窓断熱改修リフォームに助成金制度を導入

 

1部屋の改修だけでも助成する方針

東京都は省エネ効果の高いエコハウスの普及を目指して、平成29年度予算で窓断熱化工事や、太陽光発電、燃料電池工事などの省エネリフォームに対し、改修費用の6分の1を助成する制度を始めます。これまでにも国の予算で実施されていた、省エネリフォームの助成金、補助金は多々ありましたが、1戸まるごと全体の改修が条件であったり、大変ハードルが高いものでした。東京都の助成金制度は、まずは断熱効果を実感してもらうことを目的にしているため、1部屋だけの改修でも助成されることが特徴です。
1部屋だけの改修でもOKという事は、住みながら無理なくリフォーム工事が実施できるので、仮住まいを考慮しなくて良いというメリットもあります。窓の断熱化とあわせ、太陽光発電、蓄電池、燃料電池などを併用すれば、かなりの光熱費の削減が期待されますので、リフォームに掛けた費用はいずれ回収されるという考え方も出来ます。東京都の狙いは、今回の制度をきっかけにして、1戸全体をエコハウス化するような本格的な省エネリフォームを普及させることにあるようです。

カテゴリー: 省エネについて. 記事のURL.

開口部断熱リフォーム制度「住宅ストック循環支援事業」に事業者登録をしました。

 

エコリフォームの追い風になるか?!

住宅ストック循環支援事業事業者登録

窓、ガラス、サッシなどの開口部エコリフォームの推進に期待がかかる補助金制度、国土交通省が旗振りとなって実施される「住宅ストック循環支援事業」。今回のこの制度では、業者側が事前に事業者登録をしておかないと、補助金の申請が出来ない仕組みになっていますので、さっそく弊社も事業者登録を実施しました。事業者登録自体は、ユーザー様にとってはあまりといいますか、ほとんど関係がないことですが、エコリフォームを依頼する先の業者が、実態ある事業者でなければダメという事のようです。これまでの省エネ住宅ポイント、復興支援・住宅エコポイントなどの時と、この点が違っています。
もう一つ大きく違う点は、支給される、もらえるものが現金であることです。これまで実施されてきた補助制度では、得られるものは金券や商品が中心で、現金ではありませんでした。いったん補助金は業者側に振り込まれますので、その分をお施主様と業者の間で現金精算するか、または値引きの形を取るのかについて、施工前に取り決めしておくことが必要となります。お施主様と事業者が共同で交付申請をするものの、いったん事業者が代表して補助金を受け取るという形なわけですね。

カテゴリー: 省エネについて. 記事のURL.

エコリフォーム支援の2016年販補助金制度「住宅ストック循環支援事業」がスタートします。

 

省エネエコリフォームで優良中古住宅の市場活性化なるか?!

平成27年に窓、サッシ、ガラスなど開口部の省エネリフォームをご検討のユーザー様に大好評を博した、省エネ住宅ポイント、エコポイントによく似た新しい制度が、この2016年11月よりスタートします。これまでの補助金制度と同様に国土交通省の旗振りで進められるこの事業は、「住宅ストック循環支援事業」といって、既存住宅の流通やリフォーム市場の活性化を目的としています。
新築着工数はここしばらくはほぼ横ばいで来ていますが、同時に中古住宅の空き家が放置されたまま増え続けています。原因は色々かと思われますが、人口が減りつつあること、社会の高齢化が進んできていることがやはり大きそうです。その上、空き屋として残ってしまってる住宅は、現代の住まいに比べますと、品質、性能の面では低いと言わざるをえません。このなかなか改善されない住宅ストック問題を解消すべく、要は一定の省エネ性能を確保したお家への建て替えや、リフォームに対して補助金を出して、市場の活性化を図ろうというのです。
弊社の専門であります、窓、ガラス、サッシなど開口部のエコリフォームにおいては、以前の住宅エコポイントでは対象外だった「ドア交換」も今回の制度では補助金の対象となっています。もちろん真空ガラススペーシアやペアガラスなどへの交換、インプラスなど内窓設置、サッシのカバー工法外窓交換も、これまで通り補助金対象です。補助限度額は30万円で(耐震改修工事を行う場合の限度額は45万円)、各窓サイズに応じた補助額もこれまでのエコポイント制度の時とほぼ同様です。ただしエコリフォームに係る補助金額の合計が5万円以上であること、という縛りがあります。要するにある程度まとまった規模でエコリフォームして下さいね、という事のようです。また、今回の制度では昭和56年6月施行の新耐震基準に適合していないとダメ、という大きな縛りもあります。省エネと耐震基準をセットにして、性能の低い中古住宅を優良住宅化したいという目論見が見て取れますね。
総予算250億円ともいわれる、今回の住宅ストック循環支援事業ですが、ワントップリフォームはこれまでの省エネ住宅ポイント、エコポイントの時と同様に、書類作成を代行させて頂きます。
エコリフォームをお考えのお客様には、この補助金制度をどしどしご活用頂きたいものです。
住宅ストック循環支援事業の詳細については、国土交通書のこちらのサイトも併せてご参照下さい。

カテゴリー: 省エネについて. 記事のURL.

リクシルの防音・断熱内窓インプラスの出荷数が250万窓を突破!

 

窓の省エネ対策・結露対策の需要が大きいことを物語っています

2002年2月の発売以来、リクシルの防音・断熱内窓インプラスの出荷数が、発売から15年目の今年2016年に、250万窓を突破したそうです。また、カバー工法によって玄関ドアを簡単リフォームできる「リシェント」シリーズも、シリーズ累計出荷数が20万本を突破しました。こうした簡単に1日で完結するリフォーム製品で、高断熱、結露対策、省エネといったキーワードに合致する商品がここ数年伸びています。インプラスは難しい工事は必要なく、既存の窓の内側に取り付けるだけという1窓あたり最短1時間の簡単な工事で、居室の寒さや窓の結露、騒音や音漏れといった、住まいのさまざまな問題を緩和する樹脂製の内窓です。マンション、戸建の区別なく、窓まわりに木枠さえついていれば簡単にお取付けが可能な商品です。
インプラスやリシェントのような簡単リフォーム商品は、お客様の実施満足度も高い傾向にあります。LIXILの実施した調査によれば、内窓設置後の満足度は、76.1%の方が満足しているという結果に、玄関リフォーム実施後の満足度では、86.2%の方が満足している結果となりました。さらに、内窓のアンケートでは、設置後に「他の部屋にも設置したい」と答えた方が58.4%にも上がったことからも、リピート率の高さがうかがえます。

カテゴリー: 省エネについて. 記事のURL.

次世代の住まいの省エネ基準スタンダード「ZEH」

 

ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス(ZEH)

次世代省エネ住宅のキーワードとして注目されつつある、ゼロエネルギーハウスとは、家庭で使用するすべてのエネルギーを住宅の性能によって相殺するという考えの住宅です。ありとあらゆる省エネ設備によってエネルギー消費量を減らしたうえで、さらに太陽光発電などでエネルギーを創り出し、家庭で使用するエネルギーのすべてをまかなうという考え方です。国もその普及を強く後押ししていて、2020年には新築住宅の過半数がZEHになるよう目標を示しています。ZEHの新築と改修に対して、2016年度もすでに補助金の交付を実施しています。それ以外にも、地域型住宅グリーン化事業といった補助制度においても、上限100万円という手厚い支援が行われています。
2020年、2030年という時代に、サッシ業界、ガラス業界の省エネ製品が現在とどのように変わっているか、現時点では分かりませんが、内窓インプラスや、真空ガラススペーシアに代わる、より高性能な建材が出現しているかもしれません。ZEHはこうしたエネルギー、省エネ面だけでなく、高断熱化による快適性、健康性の向上といった、光熱費削減以外のメリットも大きいです。

カテゴリー: 省エネについて. 記事のURL.