音を立てない侵入手口

サッシ外しの手口が増えています

窓からの侵入手口としては、これまではこじ破り打ち破りなどの強引な手口から、比較的音の出ない焼き破りや三角破りなどといった方法がありました。どれも共通しているのはガラスを破壊して侵入してくるという点です。しかしここ最近、より音の出にくい侵入方法として「サッシ外し」という手口が増えてきています。詳しくは書けませんが、ガラスを壊さずにサッシ(ガラス戸)ごと外してしまうという手法です。
対策としては、サッシが持ち上がらないようにきちんと外れ止めを施すことです。普通は外れ止めが掛かっていてサッシは持ち上がらないものですが、時々この外れ止めがきちんと掛かっていない窓がありますので、室外側のガラス戸が持ち上がらないかよく確かめて下さい。もし持ち上がってしまうようでしたら、早急に外れ止めを取付けるようにしましょう。

カテゴリー: 防犯について. 記事のURL.