遮熱合わせガラス「ラミクール」新発売

透明性を保ちつつ太陽の日射熱をカットするガラス

ほぼ完全な透明性を保ちながらも、太陽の日差し・日射熱を34%カットするという、遮熱合わせガラスラミクールが日本板硝子より新発売となりました。
日射しだけでなく、夏場の気になる紫外線も99%カットし、エアコンの電力負荷を軽減させ、節電・省エネに大きな効果を発揮するガラスです。
中間膜(フィルム)を挟み込んだガラスですから、地震時などに万一割れても飛散や脱落の危険性がほとんどありません。

カテゴリー: 省エネについて. 記事のURL.