寒くなってきました!内窓インプラスが窓まわりの断熱・結露対策に大変有効です。

SS邸内窓インプラス引違い窓施工前

SS様邸断熱インプラス引違い窓施工前
SS様邸断熱内窓インプラス引違い窓施工後

SS様邸断熱インプラス引違い窓施工後

ここ1~2週間で急激に寒くなってきましたね。室内の冷気や寒気はお部屋の真ん中付近よりも、特に窓ガラス周辺から感じられることが多いです。

サッシの周りにあるすき間から入ってくる隙間風もその原因の一つではありますが、既存の窓ガラスそのものが最も大きい寒気の原因です。単板ガラスをご利用の場合はもちろん、すでに複層ガラスをご利用の場合でさえ、サッシ自体がシングルですとどうしてもガラス表目のみならず、サッシの桟からも冷気は容赦なく室内に入ってきてしまいます。窓の断熱、結露対策としては大きく二つの方法があります。一つは既存の窓ガラスそのものをLowE複層ガラスや、真空ガラススペーシアなど断熱性に優れたガラスに入れ替える方法、それと今回ご紹介していますリクシルのインプラス、YKKのプラマードUといった内窓を設置する方法です。前者は既存のサッシの気密性がしっかりとしていてはじめて断熱ガラスの性能が充分に発揮されます。言い換えれば経年劣化でサッシの気密性が損なわれている状態で、いくらガラスだけを断熱性の高いものに取り替えたとしても、せっかくの断熱ガラスの性能が発揮されない事もあり得ます。

一方で、内窓の設置は窓全体を封じ込めるイメージですので、既存のサッシが有る程度劣化していても、安定した断熱性、結露を抑える防露性能を発揮することが出来ます。内窓に入れるガラスは色々な物があって、用途やご予算に応じてお選び頂けます。窓の断熱、遮熱、結露対策にお悩みでしたら、複層ガラス以上をお勧め致します。それも上述のLowE複層ガラスのほうが、もっといえば、真空ガラススペーシアや薄型断熱ガラスクリアフィットなどのより上位グレードのガラスを入れれば万全です。

SS邸内窓インプラス開き窓施工前

SS邸内窓インプラス開き窓施工前
SS邸内窓インプラス開き窓施工後

SS邸内窓インプラス開き窓施工後
 

上げ下げ窓のサッシには、一般的にはこのように開き窓タイプを設置することが多いです。現状ではインプラスやプラマードUには上げ下げタイプが揃っていないためです。唯一、アコーディオン網戸で著名なセイキから楽窓Ⅱという内窓製品が商品化されていて、上げ下げタイプも揃っています。

カテゴリー: 未分類 and tagged , , , , , , . 記事のURL.