これまでにワントップが手掛けた施工事例です。
概算費用も掲載していますのでご参考にしてみて下さいね。

«Prev || 1 · 2 · 3 · 4 · 5 ... || Next»
防音二重窓インプラス > 価格表 施工の流れ 施工事例 サイズの測り方

真空ガラス「スペーシア」入りの内窓インプラスは暖かい!
東京都大田区IM様邸


■■使用製品■■
リクシル内窓インプラス
真空ガラス「スペーシア」

※ワントップではYKKの二重内窓「プラマードU」も同様に取り扱っております。

IM様邸真空ガラス「スペーシア」入り内窓インプラス施工前
施工前

IM様邸真空ガラス「スペーシア」入り内窓インプラス施工後
施工後


大田区のマンションにお住まいのIM様より、リクシルの二重内窓インプラスの取付け工事をご依頼頂きました。腰窓から掃出し窓まで、大小さまざまなサイズで、全部で7窓にインプラスを設置させて頂きましたが、その設置目的は最近暖房器具を変えた事によって、窓・サッシ・ガラスに出る結露の量がとても増えた事、ガラスの面積が大きいので窓付近がとても寒く感じられる事、の2点を解消したいというものでした。今回のようなお悩みを解決する場合、インプラスに組み合わせるガラスとしては、断熱と結露防止の性能を優先して検討を進めていきますが、このたびのIM様邸ではご予算、および使用場所に応じて、結果として一般複層ガラス、LowE複層ガラス、真空ガラス「スペーシア」を混在させる格好となりました。お住まいの中で、居る時間帯が多いリビング、寝室には真空ガラス「スペーシア」、納戸や廊下には一般複層ガラス、玄関ドアから冷気が入り込んでくる玄関ホールにはLowE複層ガラスと適材適所の使い分けをしました。

その圧倒的な断熱と結露防止性能から、私共では真空ガラス「スペーシア」を一押ししておりますが、価格がお高めなのが玉にきずです。その分、性能の高さは折り紙付きで、窓ガラスから来る寒気、結露にお悩みのかたには、必ずご満足頂けるものと考えております。

真空ガラス「スペーシア」と複層ガラスの一番の大きな違いはガラスの厚みです。複層ガラスは厚みが12ミリ以上もあるため、複層ガラス専用のサッシにはめ込むか、またはアタッチメント、アダプターなど特殊な部材を取付けないとサッシにはめ込む事が出来ません。一方、真空ガラス「スペーシア」は厚みが6.2ミリと大変薄いため、単板硝子用のサッシにはめ込む事が出来ます。もちろん断熱性能、防露性能も一般複層ガラスの約2倍と言われており、体感上の差も格段に違います。

真空ガラス「スペーシア」の弟分として、薄型断熱ガラス「クリアフィット」もお勧めしております。真空ガラス「スペーシア」のように2枚のガラス間に真空層をパッケージしているところは同じですが、スペーシアがLowEガラスを使用しているのに対して、クリアフットでは透明ガラスを使用していて、その分断熱性が若干劣ります。

このようにサッシのガラス交換、内窓設置の際には、ガラスの選択肢がとても重要になってきますが、今回のIM様邸では事前に入念なお打ち合わせを重ねた事によって、お施主様のご希望、ニーズに合致した製品をご提供させて頂く事ができ、効果のほどにも大変ご満足頂けました。

画像の窓はリビングの大きな掃出し窓です。よく見ると分かるのですが、2枚建て引き違いの右側に、タテ長のFIX窓(はめ殺し)が連なっています。このような場合、内窓もサッシと同じ形に2枚建て引違い+FIXというようにも出来ますし、3枚建ての引き違い窓にして、そのうちの1枚の障子をFIXと同じ幅に作る事も出来ます。後者のほうが全障子を動かす事が出来ますので、お掃除の時は楽です。

「既存住宅における高断熱窓導入促進事業」といって、東京都内の住まいに既設の窓を高断熱窓にリフォームする方に対し、その経費を助成することによって、家庭におけるエネルギー消費量の低減を推進するという助成金制度があります。真空ガラス「スペーシア」、薄型断熱ガラス「クリアfit」、また内窓インプラスなどは助成対象製品になっています。経費の6分の1が助成されますので、断熱窓リフォームをお考えのかたには見逃せない制度ですね。

「既存住宅における高断熱窓導入促進事業」の申請は特に難しいことはありませんが、ワントップリフォームでは申請書類の作成もお手伝いさせて頂きます。窓、ガラス、サッシなど開口部の断熱リフォームをお考えのかたは、これらの補助金制度をぜひご活用下さい。
防音二重窓インプラス > 価格表 施工の流れ 施工事例 サイズの測り方

内窓を付けると室内が暖かく、結露も出ません
神奈川県川崎市OA様邸


■■使用製品■■
YKK内窓プラマードU LowE複層ペアガラス入り

※ワントップではリクシルの二重内窓「インプラス」も同様に取り扱っております。

OA様邸断熱プラマードU施工前1
施工前

OA様邸断熱プラマードU施工後1
施工後


川崎市の木造2階建てにお住まいのOA様邸で、お子様部屋の窓と、リビング入口の階段付近の窓など、冷気が入り込みやすい数ヶ所の窓に、YKKのエコ内窓プラマードUを取付け施工致しました。使用したガラスは結露対策も考慮して、断熱性の高いLowEタイプの複層ペアガラスです。LowEタイプとは硝子表面に特殊な断熱膜がついていて、硝子面からの熱の出入りを抑えるタイプをいいます。ただの透明な2枚のガラスで構成される複層ガラスに比べて、断熱性能は格段にアップします。

既存の上げ下げ窓に対しては、内開き型の内窓を取付けます。残念ながら上げ下げ型の内窓製品はどのメーカーからも発売されておりません。内開き窓には開いた時に90度で止められるストッパーが付いていて、窓がバタバタする事がありません。

OA様邸断熱プラマードU施工前2
施工前

OA様邸断熱プラマードU施工後2
施工後
防音二重窓インプラス > 価格表 施工の流れ 施工事例 サイズの測り方

リクシル内窓インプラスと薄型断熱ガラスクリアfitの組み合わせはお勧め!
すき間風も結露も防ぐことが出来ます
東京都北区YAマンション


■■使用製品■■
リクシル内窓インプラス
日本板硝子 薄型断熱ガラス クリアフィット

※ワントップではYKKの二重内窓「プラマードU」も同様に取り扱っております。

YAマンション結露とすき間風対策インプラス施工前
施工前

YAマンション結露とすき間風対策インプラス施工後
施工後


北区のマンションにお住まいのお客様より、既存のアルミサッシが古く、すき間風が入って来るし、ガラスとサッシに付く結露も酷いので、断熱窓リフォームでなんとか対策をしたいとのご相談を受けました。さっそく現地でサッシを拝見させて頂いたところ、確かにかなりの年代物のサッシで、本来は枠の周りにくっ付いているはずの気密ゴムが劣化のため縮んでしまい、サッシに手をかざすと、冷たいすき間風を感じます。気密ゴムの交換は既設のサッシの場合は難しく、後付けでゴムを挿入する事が出来ないため、このような場合には内窓を取付けてサッシ全体を塞いでしまう方法がお勧めです。

今回の物件では、すき間風だけでなく、結露でもお悩みでしたので、なるべく断熱性の高いガラスを内窓にはめ込むご提案をさせて頂きました。真空ガラススペーシア、LowEペアガラスなども案として上がりましたが、コストパフォーマンスの良い薄型断熱ガラス「クリアフィット」をお選び頂きました。このガラスは2枚のガラス間に真空層をはさんだ構造の硝子で、断熱効果だけではなく、外部の騒音もよく遮りますので、防音効果も期待できます。
«Prev || 1 · 2 · 3 · 4 · 5 ... || Next»
マンション管理組合様、マンションオーナー様へ
SSL グローバルサインのサイトシール
このサイトはグローバルサインにより認証されています。SSL対応ページからの情報送信は暗号化により保護されます。

JNB-J振
JNB口座をお持ちのお客様は、こちらのロゴをクリックすることで簡単にお振込みいただけます。

Twitterを御利用のお客様は、こちらのロゴをクリックすることで簡単に記事を共有いただけます。

にほんブログ村 住まいブログへ