これまでにワントップが手掛けた施工事例です。
概算費用も掲載していますのでご参考にしてみて下さいね。

«Prev || 1 · 2 · 3 · 4 · 5 ... || Next»
防音二重窓インプラス > 価格表 施工の流れ 施工事例 サイズの測り方

断熱内窓プラマードUはヒートショックにも有効です
東京都目黒区SO様邸


■■使用製品■■
YKK断熱内窓プラマードU
LowE複層ペアガラス

※ワントップではリクシルの二重内窓「インプラス」も同様に取り扱っております。

SO様邸高遮熱複層ペアガラス入り内窓プラマードU設置前
施工前

SO様邸高遮熱複層ペアガラス入り内窓プラマードU設置後
施工後


東京都目黒区のSO様邸で、居間、和室、洗面、浴室など各所の窓にYKKの断熱内窓プラマードUを取付けるリフォームを行いました。もともと浴室内の壁やガラス面が結露でビショビショになるのを何とかしたいというご要望があって、内窓を設置することをお考えだったようです。湿度が極端に高い浴室の窓に断熱内窓を取付けてもあまり意味がない、という意見もありますが、そんな事はありません。プラマードUやインプラスなどの内窓に、遮熱断熱効果の高いLow-E複層ガラスや真空ガラススペーシアなどを入れて設置し、加えて適度な換気を行えば、浴室内の壁面や天井に付く結露は確実に減ります。

今回のSO様邸の内窓プラマードUにも、Low-E複層ガラスをはめ込みました。出窓の大きな空気層の効果と相まって、特別なことを何もしなくてもあまり寒さを感じない浴室になりました。

さらに窓を断熱リフォームすることによって、「ヒートショック」による事故を防ぐという大きなメリットもあります。ヒートショックとは温度差が大きいお部屋間を移動する時に、血圧が急激に変化して心筋梗塞や脳卒中を引き起こすことを言います。

日本の家屋というのは夏の蒸し暑さを凌ぐことばかりが考えらえてきて、あまり冬場の寒さ対策、断熱対策には重きを置いていませんでした。それで浴室やトイレ、洗面など滞在時間が短い部屋は、北側の寒い位置にある場合が多いのです。これが高齢者のヒートショックによる事故の遠因になっています。浴室やトイレ、洗面などの水回りの窓をプラマードUやインプラスで断熱対策することの意味は、こうした所にもあるのです。
防音二重窓インプラス > 価格表 施工の流れ 施工事例 サイズの測り方

内窓インプラスはエアコンがよく効いてUVカットで紫外線も遮断
東京都杉並区AM様邸


■■使用製品■■
リクシル内窓インプラス
LowE複層ペアガラス

※ワントップではYKKの二重内窓「プラマードU」も同様に取り扱っております。

AM様邸高遮熱複層ペアガラス入り内窓インプラス設置前
施工前

AM様邸高遮熱複層ペアガラス入り内窓インプラス設置後
施工後


杉並区の木造2階建て物件にお住いのAM様より、リビングの大き目の出窓に遮熱対策として内窓インプラスを取付けて欲しいとのご依頼を頂きました。画像だけでは、どこがどう変わったのか、イマイチよく分かりませんね・・・。

こちらの出窓はとにかく日当たりが良く、夏になるともう窓の前が暑くて暑くてたまらない!という事で、太陽の熱を反射することで遮熱するガラスを入れた内窓にして欲しいと、かなり具体的なご希望をお持ちでした。既存の窓の内側にプラスするから「インプラス」安直ではありますが、分かりやすいと言えば分かりやすいネーミングです。

対象の出窓は確かにサイズの大きいFIXはめ殺しとも言います)です。取付けるインプラスの候補は2つあって、1つは既存窓と同じFIXタイプ、もう1つは引違いタイプです。既存のガラスの拭き掃除のことまで考えると、簡単に左右に動かせる引違いタイプにしておいたほうが良いとも思えますが、引違いにすると中央にタテ1本のサッシの桟が見えることになってしまい、見た目には既存窓とほとんど同じに見えるFIXタイプのほうがすっきりとしています。AM様のご希望は、やはりせっかく見た目的に邪魔になるような桟が立つことは避けたい、脱着に多少手間取ったとしても、FIXタイプにしたいということでした。

インプラスにはめ込むガラスには、高遮熱型のLowE複層ガラスを使用しました。ガラスの室外側面に金属膜がコーティングされていて、この膜によって夏場の日射しの60%がカットされますので、とにかくエアコンがよく効いて冷房効率がグッと高まります。UVカット機能もありますので、人体に優しいのはもちろん、室内のフローリングや壁、家具、家電製品などの日焼け、褪せも防止します。

「既存住宅における高断熱窓導入促進事業」といって、東京都内の住まいに既設の窓を高断熱窓にリフォームする方に対し、その経費を助成することによって、家庭におけるエネルギー消費量の低減を推進するという助成金制度があります。真空ガラス「スペーシア」、薄型断熱ガラス「クリアfit」、また内窓インプラスなどは助成対象製品になっています。経費の6分の1が助成されますので、断熱窓リフォームをお考えのかたには見逃せない制度ですね。

「既存住宅における高断熱窓導入促進事業」の申請は特に難しいことはありませんが、ワントップリフォームでは申請書類の作成もお手伝いさせて頂きます。窓、ガラス、サッシなど開口部の断熱リフォームをお考えのかたは、これらの補助金制度をぜひご活用下さい。
防音二重窓インプラス > 価格表 施工の流れ 施工事例 サイズの測り方

内窓インプラスのガラス選択は適材適所で
神奈川県横浜市AR様邸


■■使用製品■■
リクシル内窓インプラス
高遮熱断熱LowE複層ガラス
防音合わせガラス「ソノグラス」

※ワントップではYKKの二重内窓「プラマードU」も同様に取り扱っております。

AR様邸内窓インプラス設置施工前1
施工前

AR様邸内窓インプラス設置施工後1
施工後


リクシルの内窓インプラス、YKKのプラマードUなど、窓の断熱性にすぐれた商品は、特に寒い時期には窓から室内に入ってくる冷気への断熱対策、結露防止対策として設置させて頂くことが多いのですが、その場合には内窓に組み合わせるガラスとしては、真空ガラススペーシア、クリアフィット、LowE複層ガラスなどの、やはり遮熱断熱性能が高いものをお勧めしています。コストを落としたいという理由で単板ガラスや、一般複層ガラスをお選びになられるお客様もいらっしゃいますが、ご予算の許す限りにおいてガラスも性能の高いものをお選び頂くほうがゆくゆくはお住いの為になります。

一方で窓の防音対策としての内窓設置リフォームも、弊社では数多くの施工実績がございます。室内に入ってくる車、電車、高速道路、商店街の人ごみの騒音などなど、外部からの音を遮断したい場合と、逆にオーディオや楽器、ペットの鳴き声など、室内から外に漏らしたくない音を遮断したい場合もあります。このようなニーズに対しては、迷うことなく防音合わせガラスをお勧めしています。旭硝子ではラミシャット、日本板硝子ではソノグラスという商標名で販売されているガラスです。2枚のガラスの間に音を吸収する特殊な膜がはさまっている構造のガラスで、複層ガラスや厚みのある単板ガラスなどに比べても、遮音等級はグッと上がります。防音合わせガラスを入れた内窓を設置すれば、そのお部屋は本当に静かになります。シーンとして自分の耳鳴りだけが聞こえるような気がすることもあるくらいです。原理としては騒音で発生した振動を熱に置換して、音の波を消滅させているという事ですが、そういわれましても難しいですね・・・・

このたび横浜市のAR様邸では、お部屋ごとに断熱・結露対策を施したい箇所と、外からの騒音をシャットアウトするような防音対策を施したい箇所、それぞれ2部屋づつあったため、LowE複層ガラスと防音合わせガラス「ソノグラス」を使い分けて設置させて頂きました。周辺環境としては、本来ならばそんなに騒音が発生するようなエリアではありませんでしたが、周辺の土地再開発に伴う造成作業の騒音がずっと鳴っていて、その作業が予定では向こう1年以上も続くという事でした。日中だけ鳴っている音とはいえ、ずっと鳴り続くとさすがに気が休まらないとのお悩みを持っていらっしゃいましたが、今回の施工によって、窓がまるで壁であるかのような防音効果を生み、薄っすらと遠くのほうでボーっという音がするかしないかくらいには騒音が軽減しました。

これまではガラスは音に弱いとされていましたが、ソノグラスやラミシャットなどの防音合わせガラスの登場によって、これまでの常識が覆ったように思えます。内窓と組み合わせると、とにかく強力な防音効果を発揮する防音合わせガラス。騒音の多い首都圏エリアでは特に重要なアイテムです。

AR様邸内窓インプラス設置施工前2
施工前

AR様邸内窓インプラス設置施工後2
施工後
«Prev || 1 · 2 · 3 · 4 · 5 ... || Next»
マンション管理組合様、マンションオーナー様へ
SSL グローバルサインのサイトシール
このサイトはグローバルサインにより認証されています。SSL対応ページからの情報送信は暗号化により保護されます。

JNB-J振
JNB口座をお持ちのお客様は、こちらのロゴをクリックすることで簡単にお振込みいただけます。

Twitterを御利用のお客様は、こちらのロゴをクリックすることで簡単に記事を共有いただけます。

にほんブログ村 住まいブログへ