すき間なくシートを貼るのが遮音・防音のポイントです


窓の遮音・防音対策として、二重内窓や防音合せガラス交換以外にポピュラーなのが防音カーテンです。防音カーテンよりも効果が高い対策として、防音シートという物がありますが、最近防音シートについてご質問を頂く事が多くなってきました。残念なことに私共ではこの防音シートを取り扱っていませんので、正確なお答えをする事が出来ませんが、色々調べてみたところ防音カーテンよりはだいぶ効果が高い事がわかってきました。

住居に出入りする音は、窓だけでなく壁や天井、床からも侵入してきますので、どこから音が侵入してきているのかを特定し、ピンポイントでシートをすき間なく貼れば、かなりの効果を発揮するようです。この「すき間なく」というところがポイントで、わずかなすき間でも音は容赦なく侵入してきますので、防音シートを貼る際にはサッシのすき間などに防音テープで目張りをしてからシートを貼ると効果的ということです。ただ、やはり二重内窓インプラスやプラマードU、あるいは防音合わせガラスソノグラス、ラミシャットなどによる対策のほうが効果が高い事はいうまでもありません。