空き巣が狙うベランダへの足がかり


窓の防犯対策というと、1階だけの窓で充分とお考えの方が多いのですが、2階以上のベランダもとても危険をはらんでいます。格子状の柵に囲まれたベランダならば外から見通せるのでまだ良いですが、壁に囲まれたベランダはしゃがんでしまえば外部からほとんど見られることなく、じっくりと時間をかけてガラスを破ることが出来ます。これまでに泥棒・空き巣被害に会われたお客様の中で、いかに2階のベランダから侵入された例の多いことか、私共は数多くのケースを見てきました。

これを防ぐには、とにかく簡単に2階のベランダに上がれるような足がかりを置かないことです。一度ご自宅でチェックしてみて下さい。外にはしごやキャタツなどを置きっぱなしにするなど論外です。ベランダに上がれるような足がかりは絶対に置いてはいけません。スチール製物置、カーポートの屋根、あるいは雨樋ですら足がかりになってしまいます。これらの動かしようも無い足がかりが有る場合には、2階のベランダといえども、早急に窓ガラスの防犯対策が必要です。