ドアクローザーでスピード調整が出来ます


ドアクローザーとは、玄関ドアなどの上のほうに付いている横長の箱のような部品で、内部の油圧の働きによってドアの開閉スピードを調整しています。ドアチェックと呼ばれることもあります。この油圧の働きが弱まったり、狂ったりしてくると、これまではゆっくりと閉まっていたドアが、バターン!と大きな音を立てて勢いよく閉まるようになってきます。こうなってくると大変危険です。思わぬところで手や指を挟んでしまうかもしれません。

ドアの開閉スピードは、ドアクローザーの横についている調整弁でコントロール出来ます。調整弁の頭はプラスの場合もありますし、少し古いものではマイナスもありますので、見合ったドライバーで弁をまわりて調整します。たいがいの場合、調整弁を左にまわすと速度が早まり、右にまわすと遅くなります。

ドアクローザー調整