建て付け調整をして網戸をまっすぐにしましょう


アコーディオン網戸、プリーツ網戸、ロール網戸など特殊なタイプの網戸も増えてきておりますが、ここでのお話しは横に引いて開ける通常の網戸に関するものです。サッシのタテ枠に対して、網戸が少し斜めになってしまい、サッシと網戸のタテ枠間に隙間が出来てしまうケースがよくあります。レールの上を戸車が走るタイプの網戸では、長年お使い頂くうちに戸車の調整が狂ってきてしまい、それが原因でこのような隙間を生じさせてしまいます。

横に引いて開ける通常の網戸、と言っても色々な戸車の方式がありますので、全てのケースに当てはまるわけではありませんが、だいたいの網戸において、網戸の小口(網戸の厚みに相当する部分)の下のほうには2本のプラスビスが見えると思います。これまた色々なケースがあるのですが、だいたいの場合において、2本見えるうち、上のビスは網戸組み立て用のビスですので、これは触ってはいけません。下のビスが戸車調整用のビスです。このビスを時計回りに回せば戸車は上がり、逆に回せば戸車は下がります。

室内側から見て、網戸左側を持ち上げたいという場合には、左側にある調整用ビスを時計回りに回せば良いというわけです。このようにしてサッシのタテ枠と網子のタテ枠がピッタリと合わさるように調整して、虫の侵入を防ぎましょう。