窓の防音対策で楽器の音は消せるか


ご自宅で楽器を弾かれる方から、窓の防音工事をご依頼頂くケースが増えてきています。ピアノ、ギターをはじめ、バイオリン、チェロ、サックス、トランペットなど、本当に色々なケースに遭遇してまいりました。近隣との騒音問題でもめるケースが多い昨今ですので、お部屋の中に防音室、防音ルームを作れればそれに越したことは無いのですが、いかんせんコストが掛かりますし、スペースを取られてしまいます。そこで音の入出量が多い「窓」というものを二重窓で塞ぐことにより、防音室の設置に比べて、よりローコストで必要充分な防音・遮音対策を取ろうと考える方が少なからずいらっしゃいます。

これらの楽器の音は、窓の防音二重化対策ぐらいで本当に消せるのでしょうか。これまでの私共の経験から申し上げられますのは、「防音合わせガラスをはめ込んだ防音二重窓」、この組み合わせが最も効果が高いです。上述の楽器の音などは本当によく消えます。二重窓の設置後に、窓の外に出て聞き比べてみると、音が微かに聞こえるという程度にまで遮音されているのがよく判ります。ただし、例えばマンションなどで、上下階、両隣に床や壁を通じて伝わってしまう音は、いかに窓を塞いだところで防げません。また、ドラムスや太鼓のように振動で伝わる重低音は、やはり床・壁を伝ってしまうので、窓の防音対策をしてもあまり有効ではありません。