まずは戸車が交換出来るかどうかです。


横に引いてあける引き違い窓、片引き窓などは、レールの上を戸車が走ることによって開閉します。戸車がスムーズに回転してるうちは良いのですが、経年劣化によって戸車の回転が悪くなったり、ひどい場合には戸車がつぶれてしまい、サッシをレール上で引きずるようになってしまったら、日常生活にも支障をきたしてしまいます。

こうなってしまったら、まずは戸車の交換を検討すべきですが、サッシメーカーの純正パーツが必ずしも入手出来るとは限りません。どんなサッシにも必ず使えるわけではありませんが、画像のような差込み戸車、はめ込み戸車などと呼ばれている汎用品があります。
差込み戸車
サッシの下溝にスポっとはめ込むのですが、スカートのように広がったバネ板の働きによって、溝の中で突っ張るように固定されるというものです。ご自身でサッシ(ガラス戸)をレール枠から外せるのであれば、DIYで戸車を取付け出来る事も充分可能です。戸車に木片などを当てがって木片ごとハンマーでたたき込めば、サッシの下溝にスポっとはまります。

溝の奥行き寸法が小さいサッシ、あるいは奥行き寸法が大き過ぎるサッシには、このような差込み戸車もはめ込むことが出来ません。こうなりますと、あとはカバー工法かぶせ工法といって、古いサッシ枠に新しいサッシ枠をかぶせてしまう方法で、サッシそのものをリニューアルする必要があります。