日射しを遮るエクステリア


エコロジー、省エネ、温暖化などなど、地球環境の今後を占うキーワードが紙面に並ぶ昨今ですが、家造りにもこれらの考え方は少なからず影響を及ぼしています。室外に設置されるエクステリアも例外ではありません。一見、あまり関連の無さそうなエクステリアとエコですが、太陽からの熱をいかに建物に当らないようにするか、室内に入れないようにするかといった日照調整の考え方がポイントとなります。

格子状のスクリーンで日射しを遮ったり、可動オーニングを張り出して窓から直接室内に入ってくる紫外線を防いだりすることが、エコ・省エネの考え方に繋がっていきます。


コートライン

細かくスリット状に並んだ格子が日射しを遮り、建物への熱の影響を抑えます。


彩鳥

ファブリック生地が紫外線をカットして日陰を作ります。室内への太陽光の侵入を防ぐことが、室内温度を低く抑えるポイントです。