潤滑材やミシン油なんか注してはいけません!


玄関の鍵がささりにくくなったといって、鍵穴にクレ556などの潤滑材をシューっと注してしまうお客様がいらっしゃいますが、これは絶対に避けて下さい。潤滑材がかえってホコリや砂を呼んでしまい、逆効果どころか、そう時間を置かずに錠前自体が壊れてしまいかねません。ミシン油などもってのほかです。

鍵がささりにくくなったなと感じたら、一番手っ取り早いのは、鉛筆の芯を削った粉を鍵につけて、何度か鍵穴に抜いたり差したりを繰り返せば、驚くほど鍵の抜き差しがスムーズになります。昔からよく言われている方法ですが、ぜひ一度お試し下さい。

最近では鍵穴専用のパウダースプレーが商品化されています。(画像はトステムの鍵穴パウダー)
もちろん鉛筆の粉よりも効果が長続きしますので、ご家庭の鍵穴の常備薬として1本ご用意されておいてはいかがでしょうか。

鍵穴専用パウダー