ボンスターとクレンザーで落とします


鏡の表面についたモヤモヤしたシミは、水道水のカルシウム分が付着したものです。頑固に凝り固まってしまうとなかなか落ちません。
これを落とすにはいくつかの方法がありますが、一番手っ取り早いのはスチールウールで出来たタワシ、商品名でいえばボンスターとかホーミングパッドなどという名前のタワシですが、これらにクレンザーを少しつけてこすって、お湯ですすいで下さい。たいがいのシミはこれで落ちます。ボンスターやホーミングパッドはスーパーでも入手出来ます。
まずその前にシミを作らないためには、入浴・シャワー後に、鏡についた水滴を乾いた布でサッとふき取っておくことです。これだけのことで鏡につく水シミを予防することができますよ。