ずっと同じ車を停めますか?


数ヶ月前のこと、あるお客様より4WDの背の高い車に買い替えたら、車の屋根がカーポートに当って車庫に入らないので、なんとかしてカーポートの高さをあげられないかとのお問い合わせを頂きました。
これまではセダンタイプのお車に乗ってらっしゃったそうです。この時は結局のところ、カーポートの柱をハイルーフタイプのものに交換することで対応出来ました。

ハイルーフタイプの柱とは標準柱より約50cm高さを確保出来る長い柱です。初めからハイルーフ車をご購入する予定などが見えていれば、無駄な出費をせずに済んだわけですが、生活スタイルやマイカーの好みなども変わってゆくことも有りうると考えれば仕方のないことかもしれません。ただ、年々車が大型化してきていることを考えますと、ずっとセダンタイプやワゴンタイプなどの背の低めのお車に乗る、ハイルーフ車には絶対に乗らない、ということが確実な場合以外は、あらかじめハイルーフ柱を使って高さを確保しておいたほうが良いと思います。メーカーやサイズにもよりますが、ハイルーフ柱は標準柱に比べ、¥5,000~¥10,000程度の追加費用で設置可能です。

また、カーポートの広さについても同じようなことが言えます。カーポートは車のタイヤ、自転車、工具箱、ガーデニンググッズなど、車以外の物も置かれることが多く、むしろ車だけを置いているというほうがまれです。こうしたことも考えて、車の大きさだけを見てあまりキツキツにカーポートを設置するよりも、ある程度の余裕を持たせたサイズを選択しましょう。もちろんこうした設置が可能なだけのスペースが必要なことは言うまでもありません。