建物の部品にも防犯性能基準があります


約7割の侵入盗が侵入をあきらめるとされる「5分」に耐えることを基準に、最近の侵入手口に応じた厳しい防犯性能試験を実施し、これをクリアしたドア、ガラス、錠、サッシなどの建物部品が防犯性能の高い建物部品目録として公表されています。
「防犯性能の高い建物部品目録」は平成16年10月に官民合同による会議で策定され、随時新しい製品情報を追加し最新の情報を掲載しています。

この防犯性能試験をクリアしていることを示すため、防犯性能の高い建物部品には「CPマーク」が表示されています。CPとは、防犯を意味する「Crime Prevention」の頭文字をとったものです。

もちろん日本板硝子の防犯ガラスセキュオや、旭硝子の防犯ガラスセキュレにもCPマークのステッカーが貼付されています。

CPマーク