マンションでの結露対策は換気扇がポイント


一般にマンションは木造戸建住宅よりも気密性が高く、結露が起こりやすいと言われています。一番の原因はコンクリートです。マンションは建築後およそ10年間は水分を放出し続けます。そのうえ気密性が高く、空気が滞留しやすいため、ひいては結露も発生しやすいというわけです。マンションにおける結露防止のポイントは、不経済なことですが換気扇をまわし続けることです。とにかく空気を滞留させない、一定時間に一度空気を入替える、このことを心掛けるだけで結露の発生をぐっと減らすことが出来ます。

マンションにおける結露防止のポイントは・・・
■キッチンだけでなく、なるべくトイレ、浴室の換気扇もまわしておく
■晴れた日はクローゼット、押入れを開け放ち、中の空気を入替える
■石油ストーブ、ガスストーブ、加湿器を使用する場合には、特にこまめに空気を入替える