結露対策はまず換気


まずはとにもかくにも結露対策は換気からです。空気を流してやることによって、窓ガラスへの結露はだいぶ防ぐことができます。せっかく暖まったお部屋の空気を入替えるのはもったいない気がしますが、全部の空気を入替えなくても良いのです。一定時間置きにサッと新しい空気を室内に入れてやって、室内外の温度差をある程度抑える感じです。それだけで充分効果はあります。結露によって窓まわりの木枠や壁クロスにカビが生えてしまったり、腐らせてしまったり、深刻なケースではカビによる喘息などの健康被害の原因にもなり得ますので、なるべく換気して結露を発生させないことを心掛けましょう。
より有効な対策は、真空ガラススペーシアや、防音二重窓インプラスなどを使って、窓ガラスの断熱化をはかることです。最も室内外の温度差が現れやすい窓ガラスを断熱化することで、温度差を小さく抑えるのです。これらの断熱化対策は窓ガラスについた結露には絶大な効果を発揮しますが、アルミサッシについた結露は止めることは出来ませんので、より万全を期すなら、窓全体を断熱サッシに交換するなどの処置が必要になってきます。