洗面脱衣室・浴室の断熱化は健康にも繋がります


冬場、なんとなく足元だけが寒く感じることはありませんか?それは窓付近がコールドドラフト現象によって冷たく感じられ、暖房熱は部屋の上のほうに滞留するという、お部屋内の温度の違いやムラによって引き起こされるものです。まずはお部屋に入り込む冷気を遮断することが大事です。インプラスやプラマードUなどの樹脂内窓で、室内外の熱の出入りを遮断することで、コールドドラフトは大幅に軽減することができ、結果として窓ガラスやサッシにつく結露もほとんど出なくなります。

浴室や洗面脱衣室にも同じことが言え、なるべく外の冷気を室内に入れない、廊下と洗面脱衣室の室温差を少なくする、といった対策が必要です。特に建物内でも温度が低くなりがち、温度差が大きくなりがちな浴室、洗面脱衣室では、ヒートショックが怖いです。ヒートショックは室温が急激に変化することによって、血圧や脈拍が大きく変化する一種のショック状態で、心筋梗塞や脳卒中を引き起こす原因にもなります。住まいの断熱化が進んでいる北海道では、暖かい地域に比べて、心疾患、脳疾患による死亡率が低いことも、お住まいの断熱性能と無関係ではないかもしれませんね。