省エネエコリフォームで優良中古住宅の市場活性化なるか?!


平成27年に窓、サッシ、ガラスなど開口部の省エネリフォームをご検討のユーザー様に大好評を博した、省エネ住宅ポイント、エコポイントによく似た新しい制度が、この2016年11月よりスタートします。これまでの補助金制度と同様に国土交通省の旗振りで進められるこの事業は、「住宅ストック循環支援事業」といって、既存住宅の流通やリフォーム市場の活性化を目的としています。

新築着工数はここしばらくはほぼ横ばいで来ていますが、同時に中古住宅の空き家が放置されたまま増え続けています。原因は色々かと思われますが、人口が減りつつあること、社会の高齢化が進んできていることがやはり大きそうです。その上、空き屋として残ってしまってる住宅は、現代の住まいに比べますと、品質、性能の面では低いと言わざるをえません。このなかなか改善されない住宅ストック問題を解消すべく、要は一定の省エネ性能を確保したお家への建て替えや、リフォームに対して補助金を出して、市場の活性化を図ろうというのです。

弊社の専門であります、窓、ガラス、サッシなど開口部のエコリフォームにおいては、以前の住宅エコポイントでは対象外だった「ドア交換」も今回の制度では補助金の対象となっています。もちろん真空ガラススペーシアやペアガラスなどへの交換、インプラスなど内窓設置、サッシのカバー工法外窓交換も、これまで通り補助金対象です。補助限度額は30万円で(耐震改修工事を行う場合の限度額は45万円)、各窓サイズに応じた補助額もこれまでのエコポイント制度の時とほぼ同様です。ただしエコリフォームに係る補助金額の合計が5万円以上であること、という縛りがあります。要するにある程度まとまった規模でエコリフォームして下さいね、という事のようです。また、今回の制度では昭和56年6月施行の新耐震基準に適合していないとダメ、という大きな縛りもあります。省エネと耐震基準をセットにして、性能の低い中古住宅を優良住宅化したいという目論見が見て取れますね。

総予算250億円ともいわれる、今回の住宅ストック循環支援事業ですが、ワントップリフォームはこれまでの省エネ住宅ポイント、エコポイントの時と同様に、書類を作成代行をさせて頂きます。
エコリフォームをお考えのお客様には、この補助金制度をどしどしご活用頂きたいものです。

住宅ストック循環支援事業の詳細については、国土交通書のこちらのサイトも併せてご参照下さい。