網入りガラス、強化ガラスは防犯対策にはなりません!


網入りガラスを防犯用ガラスと思ってらっしゃるお客様は多いです。これは大きな間違いです。
そもそもなぜ網入りガラスなるものがあるのでしょう。これは建築基準法と関係があります。防火地域や準防火地域内の建物にある窓、ドアのうち、道路中心線、隣地境界線から一定距離以内にある(詳しくは省略しますが)窓、ドアには網入りガラスを使用することと法で定められているのです。

これは万一火災が発生した時に、ガラスが溶けて脱落し、窓を通して延焼を起こしてしまうことを防ぐ目的があります。ガラスに網が入っていれば一定時間ガラスの脱落、飛散を防ぎ、ひいては延焼を防ぐことができるというわけです。
網入りガラスの網にはこのような意味はあっても、防犯性は何ら考慮されていません。道具を使えば他のガラスと同じように簡単に穴をあけることが出来てしまいますので、誤解の無きようお願いいたします。

また、強化ガラスも防犯対策に有効であると誤解されがちなガラスです。確かに強化ガラスは硬いのです。硬いということは壊れにくいのです。ところが壊れ「にくい」というだけであって、実際にはある道具を使って、ある方法を取れば非常に容易に粉々に壊すことができるのです。ただし強化ガラスは割れる瞬間に大きい音がしますので、周囲に気付かれやすいということはありますが・・・

結論としては、「網入りガラス、強化ガラスは防犯対策にはなりません。」
ガラスで防犯対策するならば、やはり防犯ガラスに勝るものはないでしょう。