換気口にも防音対策を!


窓を閉めてても音が出入りしてしまう箇所があります。壁についている換気口です。
密閉性の高い現代の住宅では換気口は開放しておいた方が良いのですが、空気の出入りと同時に音の出入りも許してしまいます。意外と見落としがちなのですが、音は換気口のようなちょっとしたすき間からでも出入りします。

せっかく窓の防音対策を施しても、換気口から音が漏れてしまうようでは、そもそも窓の防音対策の意味がありません。窓の防音対策と同時に、換気口も防音タイプのものがありますので、そういったものに交換することをお勧めします。