2011年度、窓の断熱・省エネに対する補助制度あれこれ


前田武志国土交通相は先月行われた会見で、復活させる方針を明らかにしていた住宅エコポイント制度について、2011年度第3次補正予算の要求項目に盛り込んだことを明らかにしました。新制度では東日本大震災の被災地の新築を30万ポイントで据え置いて優遇する一方、その他の地域は15万ポイントに半減。また「現在ある住宅の省エネ化が重要」として改修については上限30万ポイントで、耐震改修を行った場合はポイントを上乗せする方針です。

住宅エコポイントの他に、「平成23年度住宅・建築物高エネルギーシステム導入支援事業」といった省エネ補助金制度も、不定期ではありますがこの先も続いていきそうです。(既に二次公募は完了) この事業は、昨年度まではNEDOにて実施していた事業ですが、今年度は、環境共創 イニシアチブに事業窓口が変更となりました。二重内窓インプラスやプラマードU、真空ガラススペーシアの設置工事をご予定されている方々にとっては、いずれも見逃せない大変お得な制度です。ご申請など弊社でもお手伝いをさせて頂いておりますので、何なりとお問い合わせ下さい。