結露の原因は室内外の温度差


学術的なことは抜きにして、ごくごく簡単に窓ガラスにつく結露のメカニズムをご説明します。
空気中には湿気(水蒸気)が含まれていますが、暖かい空気は多くの水蒸気を含むことができ、逆に冷たい空気は少ししか含むことができません。冬場、暖房で暖められた室内の空気には多くの水蒸気が含まれています。暖かい空気が外気によって冷やされた窓ガラスに触れれば、当然触れた空気そのものの温度が下がります。そうすると温度の下がった空気は、それまで含んでいた水蒸気を含みきれなくなり、あぶれた分が窓ガラスに付着する形で現れるのです。これが結露です。
ですから外が大変寒くて、室内で暖房をガンガンたいているような日ほど、内外の温度差が大きくなって結露が現れやすいのです。外の気温が高めの日には、内外温度差もそう大きくないため、あまり結露しないというわけです。