キーワード あ行   か行   さ行   た行   な行   は行   ま行   や行   ら行   わ行

さ行

住宅外壁に使用する壁板のことをいいます。横文字で書けばsiding。お住まいを雨風から守り、建物内外の断熱、さらには火災の延焼を防ぐといった役割を持っています。セメント質の窯業系、アルミ・スチールなどの金属系木質系と大きく分けて3種類に分類されます。それぞれ一長一短がありますが、一般にコスト重視(安価)の窯業系、耐久性重視(やや高価)の金属系とされています。
通常の窓は、アルミ、鉄、ステンレス、木などで出来たサッシ枠があって、そこにガラスをはめ込みますが、サッシ枠を取り付けず、躯体に直接ガラスをはめ込む、埋め込むという手法をサッシレスといいます。コンクリート打ち放しの建物に採用される手法で、コンクリート躯体にガラス溝を作って、その溝にガラスをセッティングします。
網入りガラスで、雨水などの影響によってガラス内の網がさび、そのさびが膨張しガラスに歪みが生じて自然に割れてしまう現象です。
網入りガラスの場合には、ガラスの周辺に防さび材を塗布して納めますが、防さび材の効果も永久的ではなく、また湿気だけでもさびは生じますので、完全にさび割れを防ぐことは難しいです。
約7割の侵入盗が侵入をあきらめるとされる「5分」に耐えることを基準に、最近の侵入手口に応じた厳しい防犯性能試験を実施し、これをクリアしたドア、ガラス、錠、サッシなどの建物部品に付与されるマークのこと。ステッカーで表示されていることが多い。
CPマーク
ガラスとサッシのすき間に充填する弾性材。コーキングとも言う。充填してすぐは柔らかく、徐々にゴム状に硬化します。
ガラスとサッシが直接触れ合わないようにするための緩衝材で、同じ用途でガラスゴムも使用される。
カギを刺して開け閉めする錠前のこと。シリンダーとは簡単に表現すれば「カギ穴」のことを言う。
窓・サッシ・開口部の遮音性能は、JISによって定められたT値という4段階の等級に分けられます。T1からT4までの4段階に分けられた等級は、数字が大きいほど遮音・防音性能が優れています。一般的には木造住宅用のサッシでT1、マンションなどのビル用サッシではT2かT3と言われています。トステムのインプラス、YKKのプラマードUなどの防音二重窓(樹脂内窓、二重サッシなど、色々な呼び方がありますが・・・)は最高グレードのT4等級となります。
これらの二重窓を取り付ければ、騒音レベルにして40デシベル程度にまで騒音を低減することが出来ます。騒音レベル40デシベルとは、静かな公園や静かな事務所の様な環境と言われています。
設備機器
=什器
「住宅の品質確保の促進等に関する法律」に基づき、平成12年10月にスタートした新しい制度で、耐震・省エネルギー性能・ホルムアルデヒド発散量・バリアフリー対策など9分野について等級や数値などで住宅の評価を表示するというものです。
商品保証の観点から、メーカーが取付施工を実施することをいいます。
例えばバスルームは、水漏れに対する保証をするために、ほとんどのメーカーがバスルームの組立てから設置までを専門の施工士が実施しています。
バスルームなどの責任施工付き商品は、必ずメーカーの責任施工付きで販売され、商品だけの販売は致しません。
一世代前によく使用されていた、鉄で作られたサッシのこと。現在主流のアルミサッシに比べ、剛性・強度が高いという長所がある反面、錆びが発生するため、耐用年数に難点がある。長く使用していると動きが硬くなったり重たくなりやすい。アルミとの見分けは付きにくいが、鉄なので磁石があればくっ付くためすぐ分かる。アルミサッシやステンレスサッシとは違って、表面にペンキが塗られている。
施主とは主に建築やリフォームの発注者のことで、施主支給とは新築、リフォームなどの際、使用する建材の選定、調達を施主自身が行い、それを工務店などの施工業者に支給する形をいいます。
施主支給の最大のメリットは、中間マージンをカットすることにより、建築コストを安く抑えることが出来るという点です。
主にバスルーム、システムキッチン、トイレ便器、洗面化粧台など、水周りに使用される機器をいいます。住宅設備什器などと呼ばれることもあります。
トステムのインプラスや、YKKのプラマードUなど、室内側に取り付ける断熱・防音用の二重窓を内窓というのに対し、もともと付いているアルミサッシのことを外窓といいます。「外窓」とは、住宅エコポイント制度のスタートから頻繁に使われるようになった用語で、既存窓をカバー工法(かぶせ工法)によって枠ごと断熱窓に交換する場合に、「外窓を交換する。」などと言ったりします。
マンション管理組合様、マンションオーナー様へ
SSL グローバルサインのサイトシール
このサイトはグローバルサインにより認証されています。SSL対応ページからの情報送信は暗号化により保護されます。

JNB-J振
JNB口座をお持ちのお客様は、こちらのロゴをクリックすることで簡単にお振込みいただけます。

Twitterを御利用のお客様は、こちらのロゴをクリックすることで簡単に記事を共有いただけます。

にほんブログ村 住まいブログへ