キーワード あ行   か行   さ行   た行   な行   は行   ま行   や行   ら行   わ行

内窓
低放射を意味するLow Emissivityの略です。Low-Eガラスとは板ガラスの表面に特殊金属膜をコーティングしたもので、このLow-E膜が遠赤外線の反射率を高め、放射による熱伝達を低減し、高断熱性能を実現させます。真空ガラススペーシアもこのLow-Eガラスを使用した商品です。
引き違い窓のうち、バルコニー、ベランダに出るような背の高い引き違い窓のことを掃き出し窓、またはテラス窓と言います。

記事はありません
ガラス破りの方法の一つ。ライターなどでガラスをあぶり、あぶった箇所に濡れ雑巾を当てがう、霧吹きで水を吹きかけるなどして急激に冷やし、ガラスに穴をあける方法をいいます。
異なる建材同士を区切る物。例えば壁材と床材は、たいがい直接接しておらず、間に化粧の木(幅木)を入れて区切っています。この場合、化粧の木のことを見切り、または見切材と言います。
防犯を目的として、窓の外に取り付けられる柵状の部材。一般的にアルミ製が最もよく使用されているが、木製、ステンレス製、鉄製などもある。最も普及している縦格子型は、価格が安い代わりに容易に壊すことができ、防犯性能に難がある。
ヒシクロス型、井桁型は、格子の交点が多く、防犯性能が高い代わりに価格も高めとなる。
より強固で頑丈なステンレス製や、プライバシー確保の目的で、洗面所や浴室の窓などに取り付けられることの多い、可動ルーバー型面格子などもある。
コンクリートを削る、切る、掘る、穴をあけることなどの総称。
例えばコンクリートが打ってある地面に門扉などを設置するような場合に、門柱を建てるためにコンクリートに穴をあけて掘る必要があります。この作業をハツリといいます。
ガラスと枠だけで構成された、開閉できない窓。
通風の必要のない明かり取り用の窓に使用されることが多い。
FIX(ふぃっくす)窓とも呼ばれる。
交通のバリアフリー、情報のバリアフリーなど、様々な分野でのバリアフリーがあるが、建築分野においては高齢者、障害者、子ども、妊婦などが建築物を利用するときに、支障となる障壁(バリア)を取除いて、利用しやすくするという考え方をいう。
具体例としては玄関ドア、浴室ドアなどの出入り口の段差を無くしたり、車いすが通れる巾にしておく、階段やトイレや浴室には転倒防止の手摺りを付けておく、高齢者などの寝室と便所は同一階に配置する、などが挙げられる。
2階以上に設置される部屋の延長スペース。ベランダともいいます。
バルコニーは屋根をかけたり、周りを囲ってサンルームのようにすることも可能です。 
バルコニー
引き違い窓

最も一般的な窓で、2枚もしくは4枚(まれに3枚もあり)の引き戸で構成されます。引き戸同士が行き違うようになっているため、引き違いと言います。この画像の窓のように窓下に壁がある引き違い窓を、腰窓高窓と言い、バルコニー、ベランダに出るような背の高い引き違い窓は、掃き出し窓とかテラス窓とも呼ばれます。


同じ2枚戸に見えても、1枚は動き、もう1枚は固定されている窓は、片引き窓と呼びます。
特殊な工具でカギ穴を操作して開錠すること。
古いタイプのシリンダーは、ピッキングで簡単に開いてしまうので、防犯性の高いディンプルシリンダーなどに交換することをお勧めします。
ハンドル(取っ手)を持って外に開いて開ける窓の総称。
開き軸が縦にあるタイプを縦すべり出し窓、開き軸が横にあるタイプを横すべり出し窓とも呼びます。
奥行き寸法を補う枠のこと。例えば3センチの奥行きしかない枠や台などに、10センチの奥行きの材料を取り付ける場合に、足りない7センチ分の奥行きの補助枠をつける必要があります。この7センチの枠をふかし枠といいます。
設備機器メーカーのショールームで作成する計画書のこと。
ショールームで要望事項をご相談頂くと、その場でアドバイザリースタッフがプランシートと呼ばれる定価見積り納まり図面を作成します。私共でのお見積りは、このプランシートがベースとなりますので、まず初めにショールームまでお出かけ頂き、プランシートをご入手下さい。
フルオープン

折れ戸式のサッシで、開口全体を開け放つことができる。カフェ、レストランなどのオープンエアテラスなどによく使用されますが、最近では住宅の窓にも多く使用されるようになりました。全開口サッシとも呼ばれています。
強化ガラスドアや、スチール(鉄製)ドアなどの重たいドアに用いられる自動閉鎖装置。ドア下の床に埋め込まれており、四角いステンレスのフタがついているため、普段はフロアヒンジ本体は見ることが出来ない。

※青く見えるのがフロアヒンジ本体です。
フロアヒンジフロアヒンジ2
ペアガラス
ペアガラスは二枚のガラスの間に空気層を封じ込めたガラスで、複層ガラスマルチガラスとも呼ばれます。二枚のガラスの組み合わせによって様々な機能を持たせることができます。例えば二枚のうち一枚を防犯ガラスにすれば、防犯複層ガラスとなります。
銀幕の腐食を防止するため鏡の裏面に特殊加工がほどこされた鏡。一般に浴室、洗面所など湿気の多い場所に鏡を貼る場合には防湿鏡を使用する。
耐衝撃、耐候にすぐれたプラスチック。アクリルも似たような製品ですが、一般的にポリカボネートのほうが耐衝撃、耐候にすぐれています。 ポリカと略して呼ぶ場合が多い。
ガラス内に温度差が生じた時に、ガラスに歪みが生じて自然に割れてしまう現象です。網入りガラスに多く起こりますが、網なしのガラスでも起こることがあります。
カーテンやブラインドなどを知らず知らずのうちにソファやベッドなどで押してしまい、ガラス面にべたっとくっつけた状態で太陽光にさらされると熱割れしやすいので、お気をつけ下さい。また、特に網入りガラスには紙やフィルムを貼らないようにして下さい。
単板ガラス


一枚のガラスだけで構成された一般的なガラスの総称。透明、、網入りなどがあります。
これに対し、二枚のガラスの間に空気層を封じ込めたガラスを、複層ガラス、またはペアガラスといいます。二枚のガラスの間に中間フィルムを挟み込んだガラスを、合わせガラスといいます。
ガラスとガラスをシリコンだけで接着する施工方法。90度のL型にガラス同士を接着する場合が多い。
既存サッシ枠を躯体から撤去して、新たにサッシ枠を取り付けるというサッシのリフォーム方法。
施工事例はこちら
撤去工法では、建物についている既存のサッシ枠を撤去するため、工事自体がやや大掛かりとなって、コストも比較的高めですが、新たに付けるサッシのサイズをある程度自由に出来るというメリットがあります。
相対する工法として、既存サッシ枠の上に新しいサッシ枠をかぶせる(カバーする)ことによってサッシをリフォームするという、比較的コストの掛からないカバー工法があります。

1階に設置する屋根のことで、主に1階のお部屋からお庭などに出る窓の上に設置されます。
2階以上のバルコニーの上に設置する屋根も同じような形をしていますが、これらはバルコニー屋根、あるいはベランダ屋根などといい、1階設置のテラスとは区別されます。
 
テラス
ドア上部に付けられる自動閉鎖装置。ドアクローザーの付いているドアをあけると、油圧の働きによって自動的にドアが閉まる。閉まる際のスピードも調節でき、ストップ付タイプでは90度以上ドアを開くとその位置でドアを開いたままにすることも出来る。ドアチェックとも言う。
ドアクローザー
マンション管理組合様、マンションオーナー様へ
SSL グローバルサインのサイトシール
このサイトはグローバルサインにより認証されています。SSL対応ページからの情報送信は暗号化により保護されます。

JNB-J振
JNB口座をお持ちのお客様は、こちらのロゴをクリックすることで簡単にお振込みいただけます。

Twitterを御利用のお客様は、こちらのロゴをクリックすることで簡単に記事を共有いただけます。

にほんブログ村 住まいブログへ