防音断熱二重内窓インプラス > 価格表 施工の流れ 施工事例 サイズの測り方 

防音断熱二重内窓インプラス

「防音」とうたってはいますが、インプラスは、はめ込むガラスとの組合せにより、窓に関する困り事、防音、断熱、結露、防犯、そのいずれにも効果を発揮するオールマイティな商品です。現在お使いのサッシはそのままに、ごく短時間で窓の快適リフォームがはかれます。

防音二重窓インプラス

防音断熱二重内窓インプラスは熱伝導率の低い樹脂で出来た内窓で、現在お使いのサッシはそのままに後付けできる商品です。商品名のとおり、内側に窓をプラスするからインプラスといいます。サッシの内側に通常は木枠がまわしてありますが、その木枠に取付けます。結果的に二重の内窓になりますので、防音効果はもちろん、断熱、結露にも抜群の効果を発揮します。インプラス自体にもクレセント錠がつきますので、一定の防犯効果も期待出来ます。

防音二重窓インプラス ビフォー・アフター
施工前                            施工後

木枠にビス止めするだけの簡単施工ですので、防音性が高まるうえに、冷暖房がよく効いて、結露も出にくい快適な窓に、たった半日から1日の短時間で生まれ変わります。

防音断熱二重内窓インプラスの最大の特長は、目的に応じてインプラスにはめ込む最適のガラスを選択できるという点です。インプラスそのものは単なる樹脂製の内窓サッシで、決まったガラスがはめ込まれているわけではありません。はめ込むガラスを目的に応じて後から選べるというわけです。通常の透明ガラスをはめてご使用戴いても、もちろん一定の効果は望めますが、最大の効果を引き出すために、断熱・結露対策なら真空ガラススペーシアやLowE(ロウイー)タイプの複層ペアガラスを、防音対策なら防音ガラスソノグラスを、防犯対策なら防犯ガラスセキュオを、といった具合に、インプラスと組合せる最適なガラスを選択することがポイントです。


防音断熱二重内窓インプラスの主な特長


今ご使用のサッシにそのままに、室内側の木枠に取付けることができます。
半日~1日程度で終わる簡単施工です。
既存のサッシに合わせ、引き違い窓、開き窓、テラスドア、FIX窓の4種類からお選び戴けます。
浴室には専用の浴室仕様引違い窓があります。
インテリアに合わせ、ウッド調、ホワイト、ライトグレー等各色からお選び戴けます。
木枠の奥行きが足りない場合でも、奥行きを補う補助枠(ふかし枠)があります。
引き違いタイプにはクレセント錠がついています。

通常の透明ガラスなどの単板ガラスをはめても効果はありますが、目的に応じてガラスの種類を変えることで、より高レベルの防音、断熱、結露対策を図ることができます。

ご注意戴きたい点


  • 同じ部屋に換気扇、換気口などがある場合、遮音性が落ちることがあります。
  • 外側の既存サッシが古く気密性が悪くなっている場合、遮音性が落ちることがあります。
  • 既存サッシの内側に木枠が付いていない場合は、インプラスの取付けはできません。
  • 木枠にカーテンレールやブラインドが付いている場合、インプラスを取付けることができない、
    もしくはカーテンレールやブラインドの移設が必要なことがあります。
  • サッシが二重になるため、インプラス取付け前に比べ窓の開閉が多少面倒になります。


より詳細に防音断熱二重内窓インプラスのことをお知りになりたいかたは、製造元であるLIXIL(トステム)のホームページをご覧下さい。

また、ワントップではLIXIL(トステム)インプラスとまったくの同等品で、YKKの二重窓・プラマードUも取り扱いしております。詳細はYKKのホームページをご覧下さい。