防音ガラスソノグラス > 価格表 施工の流れ 施工事例 サイズの測り方 

防音ガラスソノグラス

ガラスは音に弱いと言われています。外から入ってくる騒音、
室内から出ていく生活音は、ガラスを通って出入りします。
静かで快適な環境を作り出すには、まずなにより窓ガラスの
防音化が必要です。


防音ガラスソノグラスは、2枚のガラスで防音用特殊中間膜をはさみこんだ、「防音」という機能に特化した合わせガラスです。「防音」ということで言えば、他に真空ガラススペーシアや、防音断熱二重内窓がありますが、真空ガラススペーシアは断熱、結露といった別の付加価値も併せ持っているため、コストはやはりそれなりにかかってしまいます。防音二重窓はコストを抑えつつ断熱、結露にも効果を発揮する優れた商品ですが、サッシの内側に新たに樹脂サッシを取付けるため、見た目がゴツくなる、窓を開けるのに2回ガラス戸を開けなければならない、などの難点があります。

断熱、結露などは二の次、とにかく窓ガラスの防音だけが目的、というような場合には、防音ガラスソノグラスが最適です。こと音を消すという面だけをクローズアップすれば、防音ガラスソノグラスは真空ガラススペーシアよりも優れています。

現在ご使用中のサッシに防音ガラスソノグラスをはめても大きな効果が得られますが、より高レベルでの防音効果をお求めの場合には、インプラスやプラマードUなどの防音断熱サッシにソノグラスをはめて取付けるという方法がお勧めです。

防音ガラスソノグラスの主な特長


今ご使用のサッシにそのままはめられます。
低音域から高音域まで、音域全体を遮断します。
地震などでガラスが壊れた場合でも、ガラス飛散防止の効果もあります。
防音樹脂サッシにソノグラスをはめて取付ければより高いレベルの防音効果を得られるのと同時に、
断熱、結露にも大きな効果を発揮します。



ご注意戴きたい点


  • 同じ部屋に換気扇、換気口などがある場合、遮音性が落ちることがあります。
  • サッシが古く気密性が悪くなっている場合、遮音性が落ちることがあります。
  • 断熱、結露、防犯に対する効果は期待できません。
  • 木造住宅の単板ガラス用サッシには、ガラス厚みの関係上、はめられないタイプがあります。
  • 薄いガラスからソノグラスに替えた場合、サッシの動きが重く感じられる事があります。
  • マンションのガラス交換の場合、管理組合やオーナー様の了解が必要な場合があります。


より詳細に防音ガラスソノグラスのことをお知りになりたいかたは、製造元である日本板硝子が運営する
ガラスワンダーランドをぜひご覧下さい。