真空ガラススペーシア > スペーシアの種類 価格表 施工の流れ 施工事例 サイズの測り方

真空ガラススペーシアクールは日射しを遮りエアコンの効きが良くなります
東京都渋谷区KK様邸



■■使用製品■■
日本板硝子 真空ガラス「スペーシア」クール


null


ここ連日の暑さはちょっと異常ですね。東京でも毎日のように35度超えが続いていて、32度とか33度が少し涼しいと感じるくらいです。リフォームの仕事をしておりますと、建物の中でどこが暑いとか、どこが冷んやりしているかといった事がよく分かります。エアコンの冷気が届かない、階段室や中廊下などは暑い空間の代表です。東京都渋谷区の木造物件KK様邸では、階段室の腰窓がちょうど一日中太陽と向き合う位置に付いていて、とにかく階段室とそれに続く2階の洋室が暑くて暑くてたまらない、という事でこの窓の断熱遮熱対策を実施させて頂くこととなりました。

null


弊社でご提案させて頂いた遮熱対策方法は、熱が一番出入りしているガラス面を遮熱すること。既存のガラスに手をかざすと、それこそ触れないくらいにチンチンにガラスが熱くなっています。大袈裟ではなく、もう窓辺でストーブを焚いているようなものですね。窓ガラスの遮熱性能では、真空ガラス「スペーシア」に勝るガラスはなく、中でも真空ガラススペーシアクールの日射をカットする性能は、他のガラスの追従を許しません。窓から侵入してくる夏場の熱い日差しは、エアコンのききを悪くします。外部からの日射熱を完璧に遮断する真空ガラススペーシアクールなら、面積の大きい窓があって日射しが差し込むお部屋でも冷房効果を高め、涼しく快適な環境をつくります。


カテゴリー: 高機能ガラス
にほんブログ村 住まいブログへ