防音二重窓インプラス > 価格表 施工の流れ 施工事例 サイズの測り方

内窓インプラスはエアコンがよく効いてUVカットで紫外線も遮断
東京都杉並区AM様邸


■■使用製品■■
リクシル内窓インプラス
LowE複層ペアガラス

※ワントップではYKKの二重内窓「プラマードU」も同様に取り扱っております。

AM様邸高遮熱複層ペアガラス入り内窓インプラス設置前
施工前

AM様邸高遮熱複層ペアガラス入り内窓インプラス設置後
施工後


杉並区の木造2階建て物件にお住いのAM様より、リビングの大き目の出窓に遮熱対策として内窓インプラスを取付けて欲しいとのご依頼を頂きました。画像だけでは、どこがどう変わったのか、イマイチよく分かりませんね・・・。

こちらの出窓はとにかく日当たりが良く、夏になるともう窓の前が暑くて暑くてたまらない!という事で、太陽の熱を反射することで遮熱するガラスを入れた内窓にして欲しいと、かなり具体的なご希望をお持ちでした。既存の窓の内側にプラスするから「インプラス」安直ではありますが、分かりやすいと言えば分かりやすいネーミングです。

対象の出窓は確かにサイズの大きいFIXはめ殺しとも言います)です。取付けるインプラスの候補は2つあって、1つは既存窓と同じFIXタイプ、もう1つは引違いタイプです。既存のガラスの拭き掃除のことまで考えると、簡単に左右に動かせる引違いタイプにしておいたほうが良いとも思えますが、引違いにすると中央にタテ1本のサッシの桟が見えることになってしまい、見た目には既存窓とほとんど同じに見えるFIXタイプのほうがすっきりとしています。AM様のご希望は、やはりせっかく見た目的に邪魔になるような桟が立つことは避けたい、脱着に多少手間取ったとしても、FIXタイプにしたいということでした。

インプラスにはめ込むガラスには、高遮熱型のLowE複層ガラスを使用しました。ガラスの室外側面に金属膜がコーティングされていて、この膜によって夏場の日射しの60%がカットされますので、とにかくエアコンがよく効いて冷房効率がグッと高まります。UVカット機能もありますので、人体に優しいのはもちろん、室内のフローリングや壁、家具、家電製品などの日焼け、褪せも防止します。

「既存住宅における高断熱窓導入促進事業」といって、東京都内の住まいに既設の窓を高断熱窓にリフォームする方に対し、その経費を助成することによって、家庭におけるエネルギー消費量の低減を推進するという助成金制度があります。真空ガラス「スペーシア」、薄型断熱ガラス「クリアfit」、また内窓インプラスなどは助成対象製品になっています。経費の6分の1が助成されますので、断熱窓リフォームをお考えのかたには見逃せない制度ですね。

「既存住宅における高断熱窓導入促進事業」の申請は特に難しいことはありませんが、ワントップリフォームでは申請書類の作成もお手伝いさせて頂きます。窓、ガラス、サッシなど開口部の断熱リフォームをお考えのかたは、これらの補助金制度をぜひご活用下さい。