鏡・テーブルガラス> 価格表  施工事例


21ミリ幅の面取り鏡でゴージャスになった玄関ホール
神奈川県横浜市UD様邸


■■使用製品■■
旭硝子 サンミラー5ミリ

※ワントップでは日本板硝子製品も同様に取り扱っております。

UD様邸玄関面取りミラー1


横浜市のマンションにお住いのUD様邸で、玄関の壁に大型のミラー貼り付け施工を実施させて頂きました。横幅は1m強、高さは2m強というサイズで、鏡の縁には21ミリ幅の面取り加工が施されています。横浜市内の傾斜地に建つマンションだったため、搬入口のエントランス付近も地面がだいぶ傾斜しており、搬入する際には足元に注意を払いながらの搬入作業となりました。

今回のミラーは玄関ホールの大理石巾木の上から、天井まで目一杯のサイズでしたので、玄関ドアから室内へミラーを搬入する時も、かなり神経を使いました。少しでもどこかにミラーの角、縁が当たってしまえば、すぐに欠けたり割れたりしてしまいます。もちろんそのような事がないように、しっかりと養生はするのですが、それでも搬入時には緊張します。

室内の寸法にピッタリと納まる鏡は、やはりキレイですね。ピッタリ納まるというのが、オーダーミラーの一番のアドバンテージです。IK●A、ニ●リなどの量販店で扱われている既製品のウォールミラーも、ローコストである割にオシャレ感があって良いですが、オーダーサイズには対応していません。

鏡の縁にはダイヤカット、面取りなどと呼ばれる傾斜加工を施してありますが、面取りの幅は15ミリ、18ミリ、21ミリ、24ミリというように、3ミリ刻みでお好みに合わせてお選び頂けます。やはり面取りの幅が広いほうがより高級感があって、見栄えもすると思います。




非常に分かりにくいですが縁の面取り部分を拡大した画像

UD様のミラー面取り部分


また、壁の途中にコンセントや照明のスイッチなどがある場合には、鏡に四角く穴をあけてそれらを避けるようにしたり、天井近くの梁などがあっても、鏡の一部を切り欠いたり、えぐったりして壁面ピッタリにミラー貼りする事も可能です。