真空ガラススペーシア > スペーシアの種類 価格表 施工の流れ 施工事例 サイズの測り方

真空ガラス「スペーシア」は未然に結露を防止。室内が暖かくもなります
東京都世田谷区KN様邸



■■使用製品■■
日本板硝子 真空ガラス スペーシアクール


KN様真空ガラススペーシアクール交換後1


世田谷区のマンションにご在住のKN様より、窓ガラスを高断熱性の真空ガラス「スペーシアクール」に取り替えるリフォーム工事をご用命頂きました。出来立てホヤホヤのご新築のマンションでしたが、集合住宅であるマンションでは(特にご新築間も無ければ特に)普通は管理規約がきっちりしていて、共用扱いであるはずの窓ガラスの交換には管理組合がとても慎重な対応をされる事が多いのですが、思いがけずあっさりと許可がおり、ご注文頂いてから比較的短期間にサササッとお取替えさせて頂きました。

これまでのマンションにお住いの経験から、面積の大きい窓、キッチンに近い窓には結露が大量に発生する事をご存じだったお施主様は、そのあたりの対策をしっかりと取っておきたいとう想いがあり、メインのリビングにある大きな掃出し窓、キッチンの勝手口ドアのガラスを真空ガラス「スペーシア」に取り替えるという計画を最初からお持ちでした。今回は通常のスペーシア以上に高断熱なスペーシアクールをご採用頂きました。

KN様真空ガラススペーシアクール交換後2


とにかくお部屋の断熱をはかり、結露を防止するためには、熱や冷気の出入り口である窓ガラスを重点的に遮熱断熱する事が重要で、面積の小さい窓よりも、大きな窓のほうが効果が高い事は明白です。窓下に溜まっている結露の量を見ると、面積の大きな窓ガラスほどビッショリと濡れていますからね。サッシ枠を超えてフローリングの床まで濡れてしまっているような現場もあります。

真空ガラススペーシア「クール」は、冬の結露防止と室温を暖かく保つという効果に加え、夏場の日射しの熱も遮熱してエアコンがよく効くという効果ももたらす高機能ガラスです。
だいたい太陽から来る熱量を半分カットするとされていて、その断熱性能は一枚ガラスの約6倍、一般複層ガラスの3倍強と言われていますので、冷暖房が素早く効き、冬はお部屋の暖かさを逃がしませんし、夏は夏で外部の不快な熱を遮ります。

KN様真空ガラススペーシアクール交換後3


いつも真空ガラス「スペーシア」の施工写真をアップするたびに感じるのですが、施工前とどこが変わっているのかよく分かりません。遠目からだとスペーシアも普通の透明ガラスや曇りガラスと変わりませんからね・・・。でもしっかり交換されております。ガラスの右上についている保護キャップがそれを物語っています。保護キャップは真空層をキープするための直径約15ミリ、高さ約4ミリ部品です。2枚のガラス間に存在する真空層が抜け落ちないように、しっかりとフタをしているわけです。

このたびのリフォーム工事は、東京都が推進する高断熱窓の助成金制度を利用しての工事です。「既存住宅における高断熱窓導入促進事業」といって、東京都内の住まいに既設の窓を高断熱窓にリフォームする方に対し、その経費を助成することによって、家庭におけるエネルギー消費量の低減を推進するというものです。経費の6分の1が助成されますので、断熱窓リフォームをお考えのかたには見逃せない制度ですね。

「既存住宅における高断熱窓導入促進事業」の申請は特に難しいことはありませんが、ワントップリフォームでは申請書類の作成もお手伝いさせて頂きます。窓、ガラス、サッシなど開口部の断熱リフォームをお考えのかたは、これらの補助金制度をぜひご活用下さい。


カテゴリー: 高機能ガラス
にほんブログ村 住まいブログへ