サッシ・ドア交換 > およその価格表 施工の流れ 施工事例 サイズの測り方

カバー工法で玄関ドアを取替え。防犯性もアップします。
東京都品川区II様邸


■■使用製品■■
リクシルリフォーム用玄関ドア リシェント


品川区のII様邸の玄関ドアはもともと表面が鋼板(鉄板ですね)で出来たドアで、表面がサビによってグサグサに腐ってしまっており、ドアを開閉するたびにポロポロと錆びが落ちてしまう状況でした。加えて既存のドア錠前は、かなり世代的に古い防犯性に劣るタイプが付いていて、お施主様のご希望で最新式の防犯性能の高い錠に替えたいというご希望もありました。玄関ドアの交換には大きく分けて2通りのやり方があります。一つはドア枠は替えずに、ドア本体だけを交換するやり方。もう一つは新しいドア枠を旧枠にかぶせて替え、一緒にドア本体も交換するカバー工法というやり方です。

ドア本体だけを交換する場合は、古いドア枠をそのまま使用しますので、ドア本体だけが真新しくなり、ドア枠は古いままの状態で見えてしまうというデメリットがあります。当然腐蝕が進んだようなドア枠では、強度が保てませんので、この方法は合いません。コスト的には比較的ローコストに抑えられる方法です。一方、今回も採用したカバー工法では、古いドア枠を隠すように新しいドア枠をかぶせますので、ドア枠・本体とも全体的に新しくなります。ドア本体だけの交換に比べれば、コストはそれなりに掛かります。ドアの断熱性能も4段階から選ぶことができますし、錠前もカードキー、タッチキーなどの電気錠も選べます。もちろん通常の手動錠もあります。ドアカラーもアルミ系の色から、重厚感のある木目調まで揃っています。

今回のII様邸では、ご予算の関係上もっともローコストなタイプをお選び頂きました。既存ドアには袖FIX、ランマFIXが付いており、それらを撤去して全交換する事も出来るのですが、やはりご予算の関係で、今回は開閉するドア部分だけをカバー工法で交換させて頂きました。

カバー工法の特徴の一つに工期の短さが挙げられます。従前はドア枠を躯体から取り外しての交換工事が主流でしたが、ドア交換後の壁補修なども含めると数日掛かる事もありました。カバー工法ではわずか数時間のうちに工事が終わりますので、朝から作業を開始して、お昼過ぎには玄関ドアが一新されているといった感覚です。

II邸リシェント玄関ドア取替え前
施工前

II邸リシェント玄関ドア取替え後
施工後