網戸・面格子 > およその価格表  施工の流れ  施工事例  サイズの測り方

見た目はゴツイが防犯効果は抜群の室内面格子
東京都江東区KW様邸



■■使用製品■■
リクシル 室内面格子


KW邸防犯室内面格子施工前1
施工前

KW邸防犯室内面格子施工後1
施工後


東京都江東区のKW様より、1階の窓に防犯用の面格子を取付けたいというご相談を頂きました。窓の防犯対策については、事前に色々とインターネットでお調べになったそうで、面格子は防犯面では室外に取り付けるよりも、室内の木枠に取り付けるほうが防犯効果が高いと聞いているのだが、どうか??とお尋ねになられました。

面格子は室内・室外に取り付けるそれぞれの面で一長一短があると思います。まず室内に取り付けるメリットですが、何よりも室外取付けの場合に比べ、取り外されたり、破壊されにくいという事が挙げられます。容易にいたずらされにくいという事ですね。どうしても室外に取り付けた場合は、面格子の取付け金具が外部側に有りますので、ネジをいたずらされたり、その気になれば外されたりする事もあります。一方でデメリットとしては、やはり見た目が冴えません。殺風景な感じを受けますし、留置場みたいだ、と仰られたお客様もいらっしゃいます。

室外に面格子を取付けるメリットとしては、その威嚇効果です。面格子が付いているお住まいは、空き巣・泥棒に「この家は防犯意識が高いな」とアピールする効果があります。最近の面格子の取付け金具には、簡単には回転できない特殊なネジを使用しているタイプがあったり、外されにくい金具カバーが付いているタイプもあり、そう簡単には面格子を取り外し出来ない工夫されています。また、ネジ山をつぶしてネジを回せなくしたりする事も出来ます。

いずれにせよ、面格子単独の防犯対策ではなく、それプラス補助錠を取付ける、防犯用の合わせガラスに交換する、センサーライトを取付ける、などといった複合的な対策を取る事が重要です。


KW邸防犯室内面格子施工前2
施工前

KW邸防犯室内面格子施工後2
施工後


カテゴリー: 網戸・面格子
にほんブログ村 住まいブログへ