雨戸・窓シャッター > およその価格表 施工の流れ 施工事例 サイズの測り方

腐食した木製雨戸は防犯性能が著しく劣ります。軽いスチール雨戸に交換して開けたての負担を減らしましょう。  神奈川県横浜市青葉区TH様邸


■■使用製品■■
リクシル 単体ルーバー雨戸

※ワントップでは文化シャッター、YKKの製品も同様に取り扱っております。

横浜市のTH様邸の雨戸は、昔ながらの木製でした。ひさしや軒がないため、直接雨がかかるように設置されていたため、雨戸の表面が剥がれて、短冊のようになってしまっています。こうなりますと、塗装程度の補修ではどうにもなりません。木製雨戸は重量もあるので、毎日の開け閉めが大変です。なるべくお早めに軽量なスチールルーバー雨戸に取り替える事をお勧めし、お住まいの中で全3ヵ所の雨戸板を交換させて頂く事になりました。

雨戸が木製の場合、その雨戸が走るレール(枠)も木製の場合が多いのですが、レールの溝がU字型に削れてしまっていないか、見極めが必要です。もし溝が削れてしまってたら、いくら雨戸を軽いタイプに取替えても、雨戸は正常に動きません。最悪の場合、雨戸ごと枠から外れてしまう事もありえます。そのような場合には、レール部分も一緒に交換するか、もしくは埋め木をするなどして、溝をフラットにしなければなりません。

TH様木製単体ルーバー雨戸交換前
施工前

TH様木製単体ルーバー雨戸交換後
施工後