サッシ・ドア交換 > およその価格表 施工の流れ 施工事例 サイズの測り方

年代物のサッシは動きが固くて開閉が大変です。
世田谷区SK様邸のカバー工法交換事例です。


■■使用製品■■
リクシル ビルサッシ プローゼ


世田谷区SK様アルミサッシカバー工法取替え前1
施工前

世田谷区SK様アルミサッシカバー工法取替え後1
施工後


世田谷区の築30年を越すマンションにお住まいのSK様から、サッシの動きが重くて固い、しかもすき間風が入り込んできてとても寒い、といったご相談を受けました。現地でサッシの状態を拝見させて頂きますと、確かに戸車が減ってしまっていて、レールの上で直接サッシが引きずられて動いている状況でした。ただサッシが軽く動くようになればいいという事であれば、戸車だけを交換すれば済むのですが、今回のSK様からのご相談は、同時にガラスも高断熱タイプの物にして、省エネを考えた断熱窓にしたいという事でした。

カバー工法とかかぶせ工法と呼ばれるやり方で、もとのサッシ枠の上からすっぽりと新しいサッシ枠をかぶせて、枠同士の間にできるすき間を化粧用のふさぎ板で仕上げ処理するという、もっともポピュラーな工法でリフォームさせて頂きました。サッシ交換と同時に、ガラスも元々入っていた単板から、断熱性の高いLowE複層ペアガラス入りに変えることによって、冷暖房効率が驚くほど向上します。


世田谷区SK様アルミサッシカバー工法取替え前2世田谷区SK様アルミサッシカバー工法取替え後2
施工前                            施工後