真空ガラススペーシアは、2枚のガラスの間に真空層をサンドした構造になっています。どうやってガラス間に真空層を作り出すのかは明かされていませんが、ガラスの表面に1ヵ所だけあけられた穴を利用して真空化するそうです。真空ガラススペーシアの右角表面に付いている銀色のボタンの様な物は、この穴跡を保護するためのキャップ(フタ)です。
このキャップが取れてしまったからといって、すぐに真空漏れが起きるわけではありませんが、ガラスに付いた結露を拭き掃除する際など、なるべくこのキャップには触れないようにして下さい。