防音二重窓と呼ばれるサッシは、ほぼ例外なく樹脂で出来ております。これには大きく2つの理由があります。

防音二重窓と一口に言ってはおりますが、防音以外にも二重窓は遮熱・断熱・対結露といった面でも大変大きな効果を発揮します。この窓の断熱という事を考えた時に、アルミなどの金属よりも熱の伝わりにくい樹脂のほうが、外部の冷気が室内に伝わりにくく、遮熱断念の面でより高い効果を得られるのです。また、熱伝導率が低い樹脂のほうが、窓フレームに付着する結露を抑えることが出来ます。窓まわりの結露は、室内外の表面温度の差が大きいほど発生しやすいため、内外の温度差が小さい樹脂製のほうが防露の面でも適しているというわけです。

もう一つの理由として、アルミなどの金属性サッシに比べ、樹脂製のほうが柔らかく、ある程度反らせたりシナらせたり出来るため、既存窓枠隙間なくピッタリとフィットさせることが出来ます。既存窓に多少歪み、曲がり、垂れなどがあったとしても樹脂製ならばある程度までは吸収させることが可能です。隙間なく付けられるということは、すなわち防音、断熱両方の面でより高い効果が得られるということです。金属性のサッシではこうは行かず、四隅が完全に直角に出来ている既存窓にしか取り付けることが出来ません。
これらの大きな2つの理由によって、防音二重窓は樹脂で作られているのです。