真空ガラススペーシアは現在商品化されているガラスの中では、もっとも結露しにくいガラスですが、窓の設置部位などの状況によってはごく少量の結露が発生する場合もあります。例えばキッチンや洗面所など湿度の高い部屋の窓、あるいは終日加湿機をつけているような状況のお部屋の窓では、結露というよりは薄っらと水蒸気が付くというような場合があります。
通常の使用条件下においては、これまでのようにガラス面が結露でビショビショになるといったことは、私共の経験からいっても考えにくいです。ただし、スペーシアに交換することで、ガラス面の結露は相当に抑えられますが、アルミサッシ枠につく結露は従来と変わりません。