最近トステムインプラスやYKKプラマードUなどの二重内窓、真空ガラススペーシアや複層ペア硝子などの断熱製品のお問い合わせを頂く際に、「窓の断熱性能表示制度」についてご質問を多く頂くようになりました。

窓の断熱性能表示制度は、より断熱性の高い窓の普及を図ることを目的に、経済産業省がエネルギー使用の合理化に関する法律(省エネ法第86条)に基づき「窓等の断熱性能に係る情報提供に関するガイドライン」を策定、平成20年4月から施行しました。

このガイドラインでは断熱性能の★印による4段階の表示について「窓」に加え、「ガラス」及び「サッシ」のそれぞれで可能となっていましたが、窓の断熱性能に係る情報を一般消費者により分かりやすく提供することを目的に、今年23年4月1日に「ガラス」と「サッシ」の表示制度を廃止する改正が施行されました。