真空ガラススペーシアの交換、入れ替えは今ご使用中のサッシをそのまま使用します。真空ガラススペーシアは、その優れた断熱性により、ガラス表面を通じての熱の出入りを抑え、ひいてはガラス付近の冷え冷え感を和らげると同時に、ガラス表面に発生する結露を抑えます。ただし、上述の通りサッシは元のままですから、サッシの桟に付く結露は従前と変わらないのです。(厳密に言えば若干は減るのですが・・・・・)

ただガラス面の結露が抑えられたという事は、窓全体で考えれば、結露の絶対量が減ったと言うことも出来ます。理想を言えば、サッシも断熱性の高いアルミと樹脂の複合型サッシなどを使用するほうがベターです。

真空ガラススペーシア、二重内窓であるインプラスやプラマードUの改修工事は、住宅版エコポイントの対象となりますので、奮ってご活用下さい。