冬期の特に夜間では、室外の冷たい空気に冷やされて、窓ガラスの室内側表面が冷たくなります。このため、窓ガラス付近の室内空気も冷やされて、人体の局所的な冷却を引き起こす下降気流が生じます。このような気流をコールドドラフトといいます。

コールドドラフトによる不快感は、気温が低いほど、気流が大きいほど増大するので、室内の温熱環境を快適なものにするには、窓付近の気温を下げず、また下降気流の発生を抑えることが重要です。断熱性能の高い真空ガラススペーシアや複層ペアガラスなどの断熱性の高いガラスは、コールドドラフトを防ぐ上でも、大変有効です。

真空ガラススペーシア、二重内窓であるインプラスやプラマードUの改修工事は、住宅版エコポイントの対象となりますので、奮ってご活用下さい。